teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


また大水害

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 7月 7日(土)23時38分24秒
  ◆歌う果物屋さん
回答遅れてすみません。奥田の崖崩れなど心配でニュースにくぎ付けでした。
「けっぱる」は宗さんが言ったのではなく、私から自然に出た表現です。昭和27年の九州大水害の門司被災者が泉ヶ丘の"水害住宅”に移住し、大南小生徒だった彼らから広がったのです。主に柿、グミ、トマトなどをいただく時の合言葉だったような。「かっぱらう」の変形かな、と。

◆帯田町さま
代わりにお答えいただき、ありがとうございました。ネットなどには「盗む・盗る」を北九州弁で「へる」と言うそうですが門司では使ってなかったですよね。
http://iwabass.com/kitakyushuben.html
http://www.geocities.jp/tbc_things_called_beauty/kkb5.htm
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tihiro/biglobe/index/hougen/kitakiyusiyu.htm


「のぉ」「・・・ちょる」など北陸や四国の方言にも重なっているように思います。
ちなみに、門司の言葉を筑豊でしゃべると、「しゃししゅしぇそ」が言えなかったこともあって「あんた、言葉変ね」とよく言われました。
 
 

帯田町界隈

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2018年 7月 7日(土)16時52分36秒
編集済
  「かてちゃりーや」
「ちゃーらん」
「ままこやぞ」
と、言う感じですね。
門司小倉豊前は「小笠原」、戸畑以西は「黒田」ですから、言葉が違っているのだと思います。

当時の帯田町周辺のお店です。
「今田菓子文具店」「チンドン屋・渡辺」「旅館・一乃家」「梅田医院」「五島時計店」「中園食料品店」「大石菓子店」「井形たばこ店」「阿部貸本店」「めぐみ助産所」「舌間歯科」「松月酒場」「バー・ロビン」
 

くらす

 投稿者:帯田町  投稿日:2018年 7月 7日(土)15時29分31秒
  「かっぱらう」→「けっぱろう」 なんですよね。
昭和40年代の小学生時代よく使ってましたね。

「くらす」「くらしちゃる」みたいな脅し言葉(?)も
懐かしいです。「かてて」もまず他地方の人はわかりませんよね。

北九州市は区ごとで言語分布が違っていて、東京の人が福岡人の言葉と
思い込んでいる「~しよると」みたいな武田鉄矢風の言葉遣いは、
門司ではほとんど使いませんでしたよね。

今思うとご両親の実家が大分・中津方面のひとが多かったような気が
しますが・・・

筑豊とか博多の方に近い人は、八幡・戸畑に人口流入して、日豊線の
人が門司に移り住んだから、そちらの言葉が混ざったのかなあ、と、
勝手に推測していますが。本当はどういう事情なんでしょうね。
 

けっぱろう

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2018年 7月 6日(金)07時18分50秒
  「けっぱろう」は門司弁ですか?
使ったような、使ってないような・・・僕の記憶が曖昧です。
先日は「なんちかんちいいなんな」と言う言葉を久し振りに聞きました。
 

祭りのあと

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 7月 5日(木)10時09分36秒
  ◆歌う果物屋さん
まんださんも剣道部。当時から上品で今も文化人だそうです。門司在住の元部員で剣道部を見学しようとのプラン立てました。学校が自由に出入りできる施設でなくなって、実際に内覧したくなりました。校舎のレイアウトもすっかり変わっていて、どれだけ昭和を想い出せますか・・・。

夏至過ぎの夜が遅い夕方、白い月に気づいて真夏がやってくるぞと、大里の昔の光景が重なってきます。亡くなった同級生がはっきり浮かんできて、吉田拓郎の「祭りのあと:コンサートバージョン」がふと重なって。

宗さんは、すっかり変わった門司駅付近の半世紀前を、いまでもはっきり記憶しているそうです。ある日、近所の柿をけっぱろうと木に登ったとたん、その家に客人が訪れ、2時間も木にしがみついていたとか。
 

昭和三十年代駅前周辺

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2018年 7月 3日(火)15時03分45秒
編集済
  ■柳西流れ星さんへ
さっき、「まんださん」と言う方が来店。
思い出館で宗さんの名前を見つけて「同級生です」と言ってました。

昭和三十年代の大里中央市場は四十店近くのお店があったんですね。
「第一電気商会」「秋吉文具店」「中央カメラ」「百合野小間物店」
「あけぼの美容院」「やなぎ食堂」「白江鮮魚店」「田中はきもの店」等。

本間薬局さんの隣が「大丸ストアー」

「龍そば」は電車通りではなく、樋田酒店側にあったんですね。

現在の福銀の場所は「第一パチンコホール」、隣が「第一ビンゴ」。


■よろず果物店さんへ
先日、ご質問されてた不老通りの旅館ですが、ありました。
「東和」と旅館名です。

 

藤松「ラーメンちゃんぽん とん子」

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 7月 1日(日)22時12分41秒
  歌う果物屋さん

情報ありがとうございました。
また雨が集中しているようですね。こちらは青空が2日続きました。秋のスッキリした湿度ではありません。気味悪い晴天と風です。

おかげさまで、門司在住ネットワークが広がっています。同時に、もう少し早く行動していれば恩師や同級生と再会できたのに・・・と悲しくなりました。忖度など捨てて、会いたかった人には会っておくことですね。東京でも柳西会をやっていることを知りました。

本日は藤松の「ラーメン・ちゃんぽん とん子」の大将とおかみさんの消息をご存じのかたがいらしたら、ぜひ教えていただきたくあげました。
写真はhttp://noodleroad.at.webry.info/200706/article_5.htmlより。





 

門司駅前の鳥小屋

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2018年 6月22日(金)09時47分1秒
  三郎丸に住んでいた中尾と言う姓の従姉が三萩野高校に通っていました。
ママと同じ団塊の世代です。

門司駅前に小さな公園があって金網の鳥小屋があったそうです。
昭和三十年半ばだと思います。
サルも飼われていました。


関門鉄道トンネルが水没した後、子供たちが、その泥水の中で泳いでいたそうです。
 

雨と剣道部と美萩野

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 6月20日(水)12時55分35秒
  関西が地震の後、九州が大雨のようですね。天候,天災ぜひご用心ですね。

歌う果物屋さんを起点として、S21年生まれの元柳西剣道部のメンバーと連絡がとれだしました。当時、1強だった吉野中をわれらが一蹴して無敵部になりました。全中大会がなかった時代で残念に思います。顧問の松尾先生と数学・三好先生の、倒れるまでの掛かり稽古の成果だったとみんな認めています。
東京・新橋駅の虎ノ門側のレンガ通り、明太子の「やまや」経営のモツ鍋屋の近く、ビルの看板に「美萩野」を偶然発見。聞いてみたらやはり美萩野高校出身の団塊世代ママでした。旧八幡市から通学しバレー部だったとか。お客さんは九州出身も多いとのこと。

当時の剣道部や卓球部は放課後、教室の机とイスを積み上げてスペースを作って稽古していました。ある日、降りだした雨はずっと止まず、帰りそびれた柳小出身女子グループに剣道部が傘を貸したことから仲良くなったのです。その中に高田町に住んでいて美萩野高へ進んだ女子もいました。お姉さんも美萩野で、僕らは博多のスケート場や水族館に連れて行ってもらったり、上がり込んだりお世話になったものです。S50年には転居されていました。ご自宅はラッコの何とかに変わっています。
この時期、近所の中学生たちが傘さして下校しますが、柳西の雨をなつかしく想い出しました。

写真は「美萩野」ママの前田ちはるさん。この掲示板と投稿のことは伝えています。
 

門司あの頃オフ会

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 6月10日(日)10時42分58秒
  歌う果物屋さん

ぜひ。お誘いするつもりでした。去年は病院へ向かわれるというので誘えませんでした。上柳2区さんもヒロさん、投稿された方、読者の方々ご希望の方もぜひ。

去年のお店の風景をパチリ。
 

戸ノ上通り

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2018年 6月 9日(土)13時40分39秒
編集済
  ■柳西流れ星さんへ
僕も、アルバム片手で飲むときは、かててください。
 

56年前の柳西

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 6月 8日(金)23時14分7秒
  歌う果物屋さん

同級生Mさんから電話いただきました。今は清滝にお住まいで、時々歩いて門司駅周辺を訪れるそうです。半世紀以上前の大里がよみがえって涙が出そうになるそうです。

同じ漢字の名前で読み方はMとS,同級生に読み方の違う二人がいたのでした。私はS君のことは知っていて、Mさんはよく知りませんでした。でも、そんなことどうでもよく、5,6名の同級生をお互いによく知っていて、門司に行ったときアルバム片手に飲みましょうということになりました。

Mさんが「今度門司に戻ったら」と言われましたが、ジーンとくるお誘いの言葉でした。門司に帰る、門司に戻る、やさしい言葉です。

高田町に住んでいた或る同級の女子とそのお姉さんにずいぶんお世話になって、ということを私が言いましたら、Mさんもとても仲良くしていたとのこと。こうして30分以上もしゃべりました。
野球部でカッコ良かったT選手が年とってもモテ顔との情報にも納得でした。

歌う果物屋さん、橋渡しありがとうございました。
 

大勝さん周辺

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2018年 6月 7日(木)13時20分46秒
  書き込み、ありがとうございます。
毎日、目を通しています。

料理屋さん「大勝」の海側は同級生の電気工事屋さんでした。
その前も同級生で、庭にガチョウを飼っていました。
その隣、電車通りに面した旅館があって、隣は富士見湯と言う銭湯でした。
大勝さんの前は質屋さんで、その隣は空き地でした。
近くの病院の先生が経営されてたダンスホールだったそうです。
それ以前は「芝居小屋」でした。
僕らは、その空き地でパッチンやパラパラ漫画を見て遊んでいました。
路地を戸ノ上通側にでると、「石川」さんの駄菓子屋がありました。
 

お元気で何より

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 6月 5日(火)21時45分48秒
  上柳2区さん
しばらく投稿がなかったものですから、神戸製鋼のことで呼びかけてみようかな、と思っていました。それなりにお元気ですね? よかったです。
山の姿はご両親の面影・・・年とると、ふと両親や先に逝った兄弟がフラッシュバックすることがあります。2月でしたか、神奈川県市町村駅伝大会があって、応援に駆り出されリレー区間の秦野で中学生区間の坊や選手を拾って帰りました。今年はさくらが10日も早咲きでした。

高橋睦郎さんが昨年から芸術院会員に選出されましたね。その道の最高栄誉です。「貧しい生活」「結核」など彼の子供の頃のプロフィールですが、門司で育って感性の大部分が芽生えたと思います。

歌う果物屋さん
ひろさんと同じく、心配になってお店に?しました。おくさまが出られて「博多華丸・大吉さんが来られて・・・」とのことでお元気なことが判明、お騒がせしました。
なんだか大家さんの留守をいいことに勝手に遊びちらかしているようで、すみません。
 

大勝さんの思い出

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 6月 5日(火)19時44分37秒
  歌う果物屋さんへ
かなりこのサイトに投稿されていなかったので病気でもされたのかと心配していました。

写真は大勝さんの大里海岸での鯛供養の時の集合写真です。父は真ん中の赤いシャツの女性の左横です。
昔は父はいつも会社の帰りに鶴亀さんによって帰っていましたが大勝さんができてからはここの常連になっていました。当時としては活魚を扱っている居酒屋さんが珍しかったこともあるかもしれません。
私が実家に帰省したときはよく飲みに連れて行ってもらったものです。父が倒れてからはもう行ってませんが、大勝さんのご主人がラーメンがお好きだったのでたしか大勝ラーメンをオープンさせたのではないでしょうか。
 

的場町

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2018年 6月 5日(火)17時04分1秒
編集済
  昭和20年代を高田町で過ごされたお客さんが、「あんなに汚くて、貧しくて、逃げ出したいような暮らしだったのに、思い出すと懐かしさで涙が出るんですよ」と話されていました。

写真は、昭和28年の大水害の翌日の写真です。
場所は、門司駅前の縦通りです。
 

お久しぶりです

 投稿者:上柳2区  投稿日:2018年 6月 4日(月)19時39分42秒
     柳西流れ星さん

農鳥初めて知りました。 美しいですね。
父が亡くなって、近くの山の稜線が父の横顔そっくりなのを見つけました。
毎日帰宅時、角を曲がると父のシルエットが浮かぶと、ただいまと挨拶。
ある時、父に見えなくなって不思議でした。
木々が繁って大きくなり、稜線が変化したんだと納得しました。
それから、山に囲まれているので、稜線の中に母や姑の面影を、今も探しています。
門司はどんどん変わってきたけど、山々はなだらかな戸の上、風師山、おにぎり山は変わらず懐かしく、その風情を愉しんでいます。脚はすっかり良いですか。
富士山や湘南の海を愉しんでください。
緑が美しい季節ですから。
 

富士山の農鳥

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 6月 3日(日)11時11分42秒
  来週に梅雨入りだそう。
お正月の富士を貼ってますが、5月4日に甲府市郊外の山道から遠くの富士山を撮りました。
東北などで山の雪解け(残雪)が鳥の形になったころ、田植え準備に入る目安にしています。農鳥(のうとり)といって富士さんにもあると聞きました。

5月連休のときは確認できませんでしたが、1週間後に現れたと報道されました。だいたいが丸っぽいハトのような形状です。東北では鳳凰のような形が多いとか。
冬の澄んだ空気のせいで日々眺めていた富士山がもうろうとして見えなくなると、春になったと実感します。
戸上山や風師山にも季節変わり目のしるしがあればなあ、と。でも樹木が育ったせいか、半世紀経った去年の戸上山やにぎり山は太った感じでした。もう一度、登ってみたいものですが。
 

洞海湾を上空から

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 5月29日(火)20時29分34秒
  連貼りですが、掲示板が眠らないよう書き込みます。

今なら人工衛星から楽に撮れる俯瞰写真。今回は昭和29年だそうです。子供の頃、セスナ機(だったと思いますが)から宣伝用のビラがまかれて、それを追っかけて拾ったことがあります。B5判の半分くらいのピンク(といっても濁ったピンク)の紙に何かの宣伝文句が印刷されていました。拡声器で何か放送してるのですが、よく聞き取れませんでした。当時、アドバルーンもあったのかなあ。

今回は洞海湾岸が整地され、これから工場が立ち並ぶところです。朝日新聞社がセスナに若松出身の作家・火野葦平を乗せて日本全国の上空からの風景を連載した1枚です。
洞海湾はきれいになったのでしたね。高塔山のロープウェイ、ついに乗れませんでした。
 

関門トンネル防水作戦

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 5月14日(月)20時50分42秒
  というわけで関門トンネルには9万トンの濁流が流れ込み。復旧まで20日間、今の値段で10億の復旧費を要したとか。国鉄は世界初の、イラストにある仕組みのトンネル防水扉を考案、上扉と下扉に分けたのは架線があるため。下扉は3トン超で厚さ8ミリの鋼鈑、壁と線路部分は厚いゴムで水漏れを防止、500トンの水圧に耐えるという。

写真
●開閉時には半円形の誘導レールを扉下部のローラーが滑る。木製枕木の高さがあるため引っかかって苦労した末、工事は成功した。
●複線同時工事の場合、列車を完全ストップさせないため単線ごと深夜から早朝までの間断工事。上り線工事のとき、下り線に懐かしい関門トンネル専用の電気機関車が通過。

それにしても、敗戦からまだ8年だったのに、「九州人の生活のために何とか復旧を急ごう」スピリットは東日本震災復旧工事までつながってはいませんか。今年の梅雨は早いそうです。
 

門司市の水害

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 5月11日(金)00時26分33秒
  続きです。北九州では1953年6月25日から続いた豪雨に襲われた、とあります。
線路と枕木だけの写真は「鹿児島本線が門司駅構内に入る地点」だそうです。延命寺かなあ…。

もう1枚はWikipediaなんかにある関門トンネル入り口に濁流が流れ込む写真。初出はアサヒグラフだったんですね。「高さ1mの水除けを越え濁水は滝と流れ、線路沿いの水と合し、トンネル内の底部はまたたく間に満水状態の門司側入り口。28日正午過ぎ、完全に水没」だったそうです。国鉄機関士を父に持つ同級生が、水没寸前に門司駅に滑り込んだということを、ずっと後で話した記憶があります。それは自慢でなく、命からがらの大変な経験だったのでしょう。
 

昭和28年西日本大水害

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 5月 8日(火)17時41分38秒
  「人生下り坂」さんのHNに。自分のことだと笑ったりしみじみしたり。
戸上市場は暮れの買い物で母に荷物持ちでうまく連れ出されたものですが、いい思い出です。
小倉の「揚子江」「井筒屋」「玉屋」も思い出いっぱい。山城屋のファンだったのですけど。

写真は65年前の6月4日~7日にかけての大豪雨。玉屋の地下は「濁流で滅茶苦茶」と説明されてます。私も濁流の中を逃げた記憶があります。
もう1枚は小倉市宇佐町だそうです。現在の小倉球場あたりかな。紫川とその支流も氾濫したのでしょう。門司の写真は次回。

そろそろ梅雨入りですね。
 

大里民の買い物

 投稿者:人生下り坂  投稿日:2018年 5月 6日(日)13時44分37秒
  ひと昔前、ちょっとした買い物は別院通りの商店。まとまった食材が必要な時は丸和~とみやま~戸ノ上市場エリア。何か月に一回あるかないかの小倉の井筒屋&玉屋、魚町銀天街。映画館。
例外として下関のシーモール(大丸)、黒崎のそごう。個人的には夏休みや土曜日の午後から
お袋の買い物付き合いで行く丸和が好きでした。昭和の終り頃の事ですがすべて幻のような思いでです。
 

山城屋への難関

 投稿者:今昔物語  投稿日:2018年 4月30日(月)20時36分56秒
  皆様の書き込みを拝見して、昭和の門司、小倉を想い出だして
懐かしんでいます。山城屋に行くために門司市民病院前から
電車に乗り桟橋通で降りるのですが、途中、白木埼から広石の間
電車が大きく揺れ、気分が悪くなっていました。
当時の電車道とおみくじ巫女の写真Upします。
 

井筒屋の思い出

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月30日(月)20時26分7秒
  柳西流れ星さんへ
いろいろ写真の説明ありがとうございます。

写真は門司とは違いますがご容赦ください。昭和33年6月に井筒屋の屋上からとられたものです。私にとって井筒屋はあこがれの存在でした。特に小さい頃、井筒屋の屋上で遊ぶことは最高の喜びでした。食事も井筒屋のレストランはとても手が届かなかったので屋上で焼きそばなどの軽食を食べることが多かったですね。あとペットコーナーのワンちゃんたちをみるのも楽しみでした。
 

写真添付忘れ

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 4月30日(月)13時40分41秒
  表紙写真です。
 

機体番号

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 4月30日(月)13時37分8秒
  ひろさんの遠足写真で先生や園生のファッションが豊かになってきた昭和を感じました。老松公園に一家で遊びに行ったのですが、何のお祭りだったか思い出せません。デジカメ、スマホを誰でも持てる頃ではないですから写真も残っていません。ひろさんが遠足に行かれた年、私は上京したばかりで日比谷の映画館、銀座のデパートの豪華さにびっくりしていた頃です。。

写真の飛行機は当時、空自の主力F86セイバーですね。遠賀川の芦屋基地で撮ったと思いましたが、「みのしま」と写真ネームに読めましたから築城基地ですね。「そこ?」と笑われそうですが、手元のホビー社刊ムック表紙に機体番号が連番の写真を偶然発見しました。機体前部と尾翼に「751 72-7751」、「752 72-7752」、連番でいわば双子のように製造されたものでした。
機体番号の解読方法はネットで検索してください。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2018年 4月30日(月)11時57分25秒
  皆さんの写真を楽しく拝見しています。
実家に帰ると幼い頃の写真があるのですが 嫁ぎ先が遠方のため手元に何もありません。
貴重な写真をありがとうございます。

呪いのおみくじ思い出しました。
確か 巫女さんがお宮から出てきて鳥居をくぐっておみくじを穴の中に落とすという仕組みでしたよね??
私も なんか薄気味悪いな~~~と感じていました。
 

瞳幼稚園の思い出

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月28日(土)19時51分22秒
  今昔物語さんへ
なつかしい写真ありがとうございます。デパートの食堂で思い出すのがあとソフトクリームですね。特別の専用の金属の受け台にのってきていたような記憶があります。
私はデパートのレストランに行きたかったのですが父はあの頃はやり始めていた中華料理の店、特に小倉の平和会館や揚子江などが好きでボーナスが出た時によく連れて行ってくれました。
平和会館の餃子の味は今でもなぜかよく覚えています。とても美味しかったからでしょうね。

写真は昭和39年の瞳幼稚園の遠足のものです。やさしかった原田先生は今でも記憶に残っています。
 

デパートの思い出

 投稿者:今昔物語  投稿日:2018年 4月27日(金)17時49分49秒
編集済
  ♪ ひろ・帯田町・よろづや果物店さんへ
懐かしい話をありがとうございます。当時のデパートの屋上、食堂の事を思い出しています。
食堂では母は自分は安い物を注文し、子供達には好きな物を注文させていたように思います。
借り物ですが、思い出の写真Upします!!
 

山城屋のワイン倉庫

 投稿者:帯田町  投稿日:2018年 4月26日(木)17時13分2秒
  山城屋の写真。懐かしく拝見しました。

子供のころは、「山城屋と井筒屋・玉屋のどちらに行きたいか?」と
聞かれたら、必ず、「山城屋、」と答えてました。

母からは、「変わった子やねえ。まあ落ち着いて買い物できるのも
いいかもしれないね。」、みたいなことを言われてました。
まあ、母親は、にぎやかな魚町のほうに行きたかったんでしょうが・・・

屋上にあった、おみくじを人形が運んでくる、ちょっと呪いが入った
感じの機械は、高校生になっても友人と時々楽しんでました。

今は、高級マンションになってるそうですね。そういえば、以前
海岸ぞいの倉庫のならぶ道を散歩してたら、今は使われていない
朽ちたような山城屋のワイン専用の倉庫がありました。最盛期には
このワイン倉庫もフル稼働してたのでしょうね。

 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2018年 4月26日(木)13時34分19秒
  白黒の山城屋の写真 正真正銘のレトロ門司港ですね。
私もデパートへ行く時は タンスの中の一番いい服を着てました。
ベレー帽をかぶり赤いエナメルの靴でした。

門司港も小倉も チンチン電車で行ってました。
広石でしたっけ??あの辺りはかなり曲がりくねっていて吊り手が ものすごく動いていた記憶があります。
小倉方面では 富野の坂が印象的でした。
 

デパートの思い出

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月24日(火)20時20分43秒
  今昔物語さんへ
なつかしい山城屋の写真ありがとうございます。

あの頃、私にとってデパートに行くということは一大イベントでした。日頃着ない一張羅をまとって。でもデパートのレストランで食事を食べるということは裕福でない我が家にとってはなかなかめったにないことでした。デパートのお子様ランチはあこがれでした。
山城屋に行くときは西鉄電車で井筒屋に行く時は汽車(JR)で行ってました。
 

山城屋

 投稿者:今昔物語  投稿日:2018年 4月24日(火)18時36分27秒
  私の子供の頃も門司のデパートと言えば山城屋!!
小倉のデパートと言えば玉屋、井筒屋でした。
当時デパートには外出着を着て行っていた記憶があります。
山城屋の写真Upします!!!
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2018年 4月24日(火)16時19分53秒
  関門トンネルの入り口付近にロープウェイがあったんですね。 知りませんでした。
菊人形は母に連れられてよく行きました。
小さい頃は母の実家が門司港ということもあって お出かけは小倉より門司港へよく行っていた記憶があります。
山城やの大理石の階段や中二階の喫茶店(だったと思うのですが)などなど 今から思えばおしゃれなデパートでした。
 

菊人形の思い出

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月23日(月)20時39分57秒
  今昔物語さんへ
なつかしい写真いろいろありがとうございます。
菊人形は小学校の時の友人の親戚が会場の近くにいたのでよく自転車で頑張って門司港までいってましたがいつのまにか開催されなくなっていました。
 

昭和30年代

 投稿者:今昔物語  投稿日:2018年 4月23日(月)18時55分41秒
  ♪ひろ さんへ
萩ケ丘小学校の入学写真ありがとうございました。
私は大里東小学校出身ですが、当時学校にプールが無く先生に引率され
萩ケ丘小学校まで徒歩で行き泳いでいました。
当時は東映映画館や遠足は、城山霊園、畑貯水池まで歩いていました。
懐かしい思い出です!!!
関門トンネル、ロープウェイ、水族館、菊人形の写真添付します。
 

萩が丘小学校入学式

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月22日(日)20時53分11秒
編集済
  今昔物語さんへお久しぶりです。歌う果物屋さんがなかなか現れないので少し心配ですが
少しでもみなさんが昔の門司をなつかしんでもらえれば幸いです。

写真は昭和39年の私の小学校の入学式のものです。左上の端から下に3番目が父で左下から上に2番目の左から2番目が私です。写真をみて初めて気がついたのですがほとんどが母親で父親は4名しかきていません。小さい頃は怖いイメージの方が大きかったのですが今思えば子供に対して愛情深かったんだなと思います。
 

老松公園

 投稿者:今昔物語  投稿日:2018年 4月22日(日)08時20分57秒
  ひろさんへ
老松公園の懐かしい写真ありがとうございました。
トンネル博やロープウェイなど当時の出来事を色々思い出し懐かしんでいます。
懐かしい写真の投稿を楽しみにしています。宜しくお願い致します。
老松公園とロープウェイの写真添付します。
 

港まつりにて

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月21日(土)21時40分54秒
編集済
  柳西流れ星さんへ  お気遣いありがとうございます。妹は実家を離れた私のかわり実家にもどり父、母の看病にあけくれていました。その気苦労で胃がんになったのだと今でも申し訳なく思うとともに感謝しています。

写真は昭和39年5月14日の港まつりの時の私と妹と母を父が撮ったものです。場所は老松公園でしょうか?
 

下関市港祭り

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2018年 4月21日(土)14時26分54秒
  ひろさんは妹さんを亡くされたのでしたね。生前の写真が予想外に出てくると涙ぽろぽろですよね。少しは収まりましたか…。

1956年(昭31)のアサヒグラフ。港まつりももうすぐでしょう。今回は下関市のそれです。写真解説によると5月3日、凪の満珠・干珠島から白旗の漁船群、彦島・江の浦側からは赤旗の一軍、合計大小130艘が互いのくす玉を割る合戦絵巻とあります。白は義経、赤は平知盛指揮のもと2時間のの戦、勝敗は歴史どおり。安徳帝の姿もあった。
下関市が港まつりの観光客寄せに仕組んだ「珍平家物語」とのタイトル。旅館料亭の女将、名士など300名が出演、予算は今の相場で約1000万円。

写真:平家側の真ん中右上の赤いくす玉を源氏側が攻撃しているところ。
  :対岸の山は門司
  ;安徳帝と建礼門院

毎子供の日に門司市と下関市は剣道の奉納源平試合を赤間宮でやっていた記憶があります。和布刈の貴船神社境内も試合会場だったかな。剣道着で渡船に乗って「来たぞ下関!」とか叫んで下船した思い出も。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2018年 4月17日(火)12時10分16秒
  あの池は 工業用水のために使われていたんですか?? 知りませんでした。
放水トンネル(送水ですか?)もあるんですね。 全く知りませんでした。
今でもあるのでしょうか??
 

大久保貯水池

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月14日(土)16時05分54秒
  よろつや果物店さんへ
城山霊園の池は大久保貯水池のことだと思います。
ネットで調べたのですがこの貯水池は大日本製糖大里工場が工業用水確保のために大正14年につくられたようです。送水は今もされているようです。城山霊園に向かう手前の小山の中腹付近に鹿喰のほうにむかう送水トンネルがあったのいですが夏はとても涼しくてよくきていましたし、みんなで冒険して奥までいった記憶がありますが1番奥はどうだったのかは忘れてしまいました。萩が丘小学校も遠足で城山霊園にはよくきていました。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2018年 4月14日(土)09時49分7秒
  城山霊園の池がこんなに大きいとは知りませんでした。
今も昔と同じサイズなんでしょうか?? 人口の池じゃないですよね??
城山霊園は柳小学校の新一年生歓迎遠足で6年間毎年行っていました。
お墓が歓迎遠足というのも珍しいですよね。
 

城山町付近にて

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月13日(金)19時03分55秒
  よろつや果物店さん、今昔物語さんへ
いろいろコメントや写真ありがとうございます。

写真は昭和37年頃の城山町付近の造成工事をしているところだと思います。
マイホームの建設予定地を確認しに行った時のものだと思います。写真に写っているのは妹です。
 

ひろさんの 戸ノ上中学校庭にて

 投稿者:今昔物語  投稿日:2018年 4月13日(金)18時23分21秒
  後ろに写っている山は矢筈山です
昭和36年の戸ノ上中学校の周辺写真Upします。
写真中央が戸ノ上中学校、左横の上が大里東小学校
左下が萩が丘小学校、右下の池が城山霊園の池
上部の山が矢筈山です。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2018年 4月13日(金)15時11分27秒
  桜の花、後ろは木造の校舎、ご父兄の方はみなさん正装姿。
特に女性の着物姿は 本当に入学式らしい写真です。
妹さんは多分 私より1歳か2歳年下ですね。

ところで戸の上神社の火災を調べたところ 平成13年となっていました。
新しく建て替えられたのが2年後の15年だそうです。
私は故郷を離れて遠方に住んでいるので 詳しい原因は分かりませんが 古い戸の上神社の写真は本当に懐かしかったです。
 

妹の萩が丘小学校入学式

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月13日(金)14時08分47秒
  よろつや果物店さんへ
コメントあるがとうございます。私も山の名前はわかりませんが方角的には矢筈山とか風師山のほうだと思います。

写真は昭和41年の妹の入学式の写真です。真ん中の男性の横が妹です。木造校舎がなつかしいです。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2018年 4月13日(金)13時16分59秒
  後ろに写っているのは 国道3号線ですね。
戸の上中学の付近は全く知らないのですが 後ろに写っている山は 戸の上山ではないですよね?? 地形がわかりません。
 

戸ノ上中学校庭にて

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2018年 4月 9日(月)19時29分53秒
  よろつや果物店さんへ
コメントありがとうございます。戸ノ上神社で火災があったとは知りませんでした。

写真は昭和37年くらいの戸ノ上中学の校庭で母と妹と一緒に撮影されたものと思われます。
たぶん城山町にたてる予定のマイホームの予定地を見に行ったときのものではないかと思います。
 

レンタル掲示板
/53