teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


石田屋 無事受領!

 投稿者:T・A  投稿日:2003年12月 7日(日)11時14分58秒
  本日届きました。

今回の注文は
 石田屋
 95 クロ・ド・マルキ
 ヌーボ・プレーニュ

特に石田屋はこの1年待ち望んで、運良く譲って頂く事ができました。
ヌーボも今年は最高らしいので、楽しみです。

クリスマスにワイン、正月に石田屋と考えています。

今後ともよろしくお願いします。
 
 

「しずく」無事届きました

 投稿者:奈良やん  投稿日:2003年12月 6日(土)07時08分48秒
  「しずく」が無事届きました。
私も、お正月にゆっくり味わいたいと思っています。
私は黒龍酒造蔵元まで10分の福井に住んでいました。その頃飲んだ石田屋が忘れられずがんばって色々探したのですが、超限定品ということで、残念ながら今年は手に入りませんでした。
しかし、丸本酒店様に『しずく』を譲っていただくことができ、お正月楽しみに飲むお酒ができました。本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

「しずく」届きました

 投稿者:なお  投稿日:2003年12月 1日(月)23時13分44秒
  「しずく」が届きました。早速、冷蔵庫に直行させました。
正月に実家でゆっくりと祝いたいと思います。

ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
 

「石田屋」無事届きました

 投稿者:T・O  投稿日:2003年12月 1日(月)12時42分52秒
  今朝、「石田屋」と「花薫光」が無事届きました。当方の都合で配達日を指定してくださって、
ありがとうございました。母のお誕生祝いに妹と注文させていただいた品ですが、
実物を見てみたくて、1歳児の娘をとっとと昼寝させ、
いそいそと今、梱包を開けてみましたら…。
「石田屋」は上品なグレーの箱の中に、黒塗りの木箱が。おおおおー。
この中にあの青い瓶が納まっているのですね。恐れ多くてここまでしか開けられませんでした。
「花薫光」は、まばゆいばかりの黄金色の筒。美しいですね。。。
少し傾けると、中から「トポン」という柔らかい音が聞こえました。
この中にどんなに素晴らしい香り、味わいのお酒が入っているのだろうかと、ワクワクします。
我々子供達も、お正月のめでたい席で飲ませていただけるであろうと、楽しみにしております。

今回、母の願いをかなえられましたこと、本当に丸本酒造様のおかげです。
ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 

石田屋 無事届きました

 投稿者:しばやん  投稿日:2003年11月29日(土)22時03分24秒
  本日石田屋が無事届きました。しずくまでのクラスは飲んだことがあるのですが、石田屋は初めてです。冷蔵庫で寝かせてから、味がおちついたころに飲みたいと思っています。
また、日本酒がメインでワインの方はさっぱりわかりませんが、ワインの世界もちょっと興味がありますので、日本酒とあわせて注文させていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。 
 

「石田屋」届きました

 投稿者:ハッピー  投稿日:2003年11月29日(土)11時45分37秒
  本日「石田屋」と「黒龍暖簾」届きました。「石田屋」は正月に飲むつもりです。
ありがとうございました。
 

「二左衛門」届きました!

 投稿者:山田  投稿日:2003年11月28日(金)17時00分25秒
  本日「龍」と一緒に届きました。箱を開けるとビツクリ、そこには塗りの木箱が!
そして木箱に収まっている「二左衛門」を「龍」と一緒にMy冷蔵庫に(いつ飲もうかな)
また『丸本酒店』さんならではの蔵元事情も参考になり、お気遣い感謝いたします。
次回も宜しくお願い致します。御礼まで
 

ありがとうございました。

 投稿者:イサミ  投稿日:2003年11月21日(金)17時32分12秒
  先日、亀の翁とボジョレ-を送って頂きました。待ちに待った亀の翁が楽しみで早速飲ませて頂きました。風味といい口当たりと良い想像していた以上に美味しかったです。一合で止めておこうと思いましたが嫁がちょっと飲ませてと言うので飲ませた所美味しいといって結局2人で全部飲んでしまいました。本当は一人で味わいながら飲みなかったのですが・・・でもとても楽しいく美味しく飲ませていただきました。ありがとうございました。  

清泉 総会に行って来ました

 投稿者:管理人メール  投稿日:2003年10月 9日(木)10時43分25秒
  昨日、長岡で久須美酒造・清泉取扱店「和醸良酒・酒は風の会」の総会が開催されました。
現在会員店は全国で162店、内約100店が出席していました。
総会後、久須美酒造の醸造顧問を務める戸塚昭氏の講演会がありました。
同氏は、元・国税庁の醸造指導官ですが、現在の国が進めようとしている日本酒の在り方に批判的で、我々酒販店が本物の情報提供に務めなければならない事を教えられました。
まず、来年頃日本酒の品質表示を変更するそうですが、これは大手の「米だけの酒」が純米酒と名乗るための変更です。現行では精米歩合が70%以下でないと「純米酒」とは表示できません。
また、特定名称酒には「こうじ米」の比率が15%以上と、現行にはない規定が素案で出されています。一見、酵素剤に頼りきって「こうじ米」を必要としない造りを規制するものに思えますが、15%の「こうじ米」では通常の造りは不可能だそうです。
つまりは「酵素剤」の使用を前提とするための法案だそうです。なんじゃそりゃ?です...
プロとしての利き酒の基本の話もあり、器によって味わいが異なることも実験を交えて行われました。同じ形の利き猪口でも器の厚さによって、口に含んだ瞬間の広がり方が異なります。
現在、全国の品評会では某カレー・チェーン店の水用に使われている茶色っぽいコップ(アンバーグラス)が使われているそうです。色による先入観を排除する為とか。
このグラスが丸みをおびて肉厚で、自分が意識して口に含もうと思っている以上の量が入って来て、薄手の利き猪口と比べると酸が残る感じです。このグラスが使われるようになって、品評会では酸味が本来より強調されるので、酸の少ない酒が入賞する傾向となり、「傾向と対策」で入賞狙いの蔵元は酸を抑えた酒造りに走る...
これでは、料理に合わせるとかの話ではなくなってしまいますね。
「自由化・規制緩和」と合わせて、この国の酒はおかしな方向に向かっていますが、そうでない信念を持った蔵元もたくさんあります。
今後も蔵元との交流を通じて正しい情報をお届けする事が責務であると感じた一日でした。
 

瀬川!!

 投稿者:GGG  投稿日:2003年 7月30日(水)08時25分31秒
   仙台のGGGです。黒龍の話題が多いようですね。私のほうは、先日いただいた「瀬川(純米大吟)」をあけました。いつもは、2・3回で飲みきってしまうのですが、1週間かけて大切に飲みました。開栓後、3日くらい経ったところが、やわらかさ、奥深さを感じることにおいては、自分的には最高のタイミングでした。(別に薀蓄語るつもりはありません。自己満足です)あの天法らしい柔らかな立ち香、きれいな含み香は、やっぱり何ともいえません。
 ところで2月に「山桃桜」をいただきました。4年、お店で寝かせたものとお聞きしましたが、もったいなくて、実はまだ、飲んでません。お盆に、新しい山桃桜と飲み比べてみたいと思ってます。
 

レンタル掲示板
/10