投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. AVnJWhHGuAz(0)
  2. SwzqcKJGSDhwKYW(0)
  3. iYJCAfDrgIwy(0)
  4. gJlPngWnNjK(0)
  5. ByvQtMvNzPRGBTr(0)
  6. PYgUfoXoZjvyQN(0)
  7. QllmBjXLWyamTD(0)
  8. dQFxTnAzJxHNbw(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


はじめまして

 投稿者:mino  投稿日:2008年10月22日(水)15時44分45秒
  すごいサイトだと感心しています。とくに日本のバンドのレコード数は見事。こんなに沢山レコードが出ていたのかと驚きました。あちらのものもBasie 、Maynard Ferguson 等がすごいですね。反面Duke Ellingtonが7枚? 私でもDukeは300枚位あります。やはりDukeはBig Bandだけではなく20世紀音楽の宝です。しかし私も1974年来日のBasieを厚生年金に聞きに行き、あこがれのJimmy Forrestのサインをもらった事が最高の思い出です。それからGerald Wilson も出ていませんね!  彼もまだ現役で頑張っているようです。これからもよろしく。  

ついでにもう一丁っ!

 投稿者:02:10  投稿日:2008年10月22日(水)02時09分27秒
編集済
  11月から始まるシャープ・ファイナルを期して、コロムビア&キングから過去のシャープの名盤アルバムが
CD化されます。
とりあえず11作品がアップされますが、中でも聞きものは『A列車』の未発表音源…。
原さん大好きのサックスソリが延々フィーチャーされ、かつての『Flying Home』のような大ブロー大会。
残念ながら譜面は現存しませんが(事務所にもありません!)、その熱いアレンジメントは誰もが一度は
演奏して見たいと思うのでは…?

勿論、同時にCD化される『3-2-1-0』や『♯&♭ in New Port』は説明のしようがないほどの名盤ですが、
意外と知らない(聴いた事がない)人達が多いんですよねえ…。
まあ、この際だから、騙されたと思って聴いてみる事をお薦めします。
悪いけど、つまらない(海外の)ビッグバンドなんか聴いたって何の役にも立たないヨっ!

あらためてビッグバンドの王道=シャープに乾杯っ!!
 

チョっとレスが遅れてしまいました…。

 投稿者:01:50  投稿日:2008年10月22日(水)01時50分0秒
編集済
  うむむっ、『即アップ対即レスの法則』が崩れてしまいましたネっ!失礼しました。
(エっ?そんなに期待してない?)

さて、シャープの数あるアルバムの中でも、今回アップされた『20周年記念アルバム』は別格です。
いろいろな意味で、当時の日本ジャズ・シーンを象徴的に示した“エポック・メイキング”的なアルバムです。
その重要性を大きな括りで言うと、以下の2点に集約されます。
それは…、

 1.日本ジャズ・シーンの象徴的変化(ソリストのスター化)
 2.シャープの音楽的進化(世界視野を踏まえた)

1.については、貞夫さん・日野さん・プーさんという“絶対的な”ジャズ界のスターが誕生し、世の中に認知された点にあります。
ジャズそのものが広く一般に知られ、ジャズ界は活性化されながら個性化の時代に突入します。
スタンダードからオリジナル曲中心への移行、同時に1曲の演奏時間が脅威的に長くなり、より専門的になります。
結果として、原さんはそれまで企画していた『全日本ジャズフェスティバル』の中止を決断します。
その理由は、ジャズが一般的な音楽ファンからジャズマニアの為の音楽として狭義的になったからです。
(一方、ライブ・アンダー・ザ・スカイのようにイベント化し、さらに巨大化していきますが…。)

2.については、オリバー・ネルソンや穐吉敏子等、当時の先進的名アレンジャー達によるシャープのオリジナル作品を
消化した上で、更に高みに上がるステップとしての新たなアレンジャー作品のお披露目の場だった事。
特筆すべきは何と言っても『Shiny Stockings』であり、このリサイタルのハイライトでもありますが、
今でもシャープのステージ聴かれる“最もシャープらしい”曲の中の一曲でもあります。
事実、数ある『Shiny Stockings』のアレンジメントでも、シャープの『Shiny Stockings』は最高であり、
フランク・フォスターの最高傑作スコアと言えるでしょう!
ハッキリ言って、ベイシーの譜面より100万倍カッチョイイっ!マジっ!!
 

キラー・ディラースタイル

 投稿者:爺さん  投稿日:2008年10月19日(日)22時26分40秒
  早速のお返事ありがとうございます。
ミラー・バンドは最高ですネ!

「サックスの上にクラリネット」をのせたあの独特のアンサンブルというスタイルのことでしょうかね。
 スイングガールズでGMの曲をやるときにCLなしというのは残念です。
 

Re:ディラーキラースタイル

 投稿者:管理人  投稿日:2008年10月18日(土)08時42分16秒
  >爺さんさん

はじめまして。
おそらくグレン・ミラースタイルの別名「キラー・ディラースタイル」の事では
ないかと思います。
「キラー・ディラー」の語源はよくわかりませんが、ムーンライト・セレナーデに
代表されるミラー・バンドの美しいサウンドは永遠に不滅ですね!
 

ディラーキラースタイル

 投稿者:爺さん  投稿日:2008年10月16日(木)20時54分2秒
  ディラーキラースタイルという言葉を聴いたことがありますが、
これはどんな感じのアンサンブルを指すのでしょうか?
ベニーグッドマンの紹介で聞いたことがあるのですが....。

ご教示ください。
 

速攻の返し技に脱帽!

 投稿者:12:18  投稿日:2008年 8月26日(火)12時18分24秒
  いや~、管理人さんの“返し技”には参ります。恐るべし…。
それにしても、コイツまでCDになっているとは知りませんでした。
原さんが知ったらきっと怒るだろうなあ…。何せ、発売元からは全く連絡がないのですから。
てな事で。
 

即レス感謝

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 8月25日(月)23時06分44秒
  >12:21さん

お久しぶりですねー。
こちらも長期間のブランクにもかかわらず、シャープのアルバムをアップしたとたんに
即レスを頂き脱帽です。
おだてに弱い管理人としては、思わず連発でアップしたくなりますね。(笑)
今後ともご贔屓下さいー。
 

超・久々の登場…。

 投稿者:12:21  投稿日:2008年 8月25日(月)12時21分45秒
編集済
  久々にシャープの作品がアップされたのに釣られて登場して参りました。(ご無沙汰です!)
相変わらず管理人さんのコレクションには驚かせられますねぇ…。クリビツ&ゴイスです。

さて管理人さんの仰る様に、この作品はシャープがそれまでの“王道路線”から“独自路線”を目指した過渡期にあるもので、前作の「3-2-1-0」や後の「Double Exposure」「Nelson in Tokyo」等と並ぶオリジナル性の高い意欲的なものと言えるでしょう。(但し、ニューハードのようにフリー路線に行かない所が原さんの美意識です!)
この他にも「20周年記念コンサート」で発表された「Shiny Stockings」は、フランク・フォスターがシャープの為に
新たに書き下ろしたニュー・バージョン。ハッキリ言ってベイシーより強力ですゾっ!
「すみ絵」は元々シャープの為に書かれた作品だし…。(穐吉さん自身の録音はもっと後年です!)
ジャズ界もビッグバンドもまだまだ活気溢れておりました。勢いがありました。すごい時代でしたねぇ…。

ところで皆様も既にご存知かもしれませんが、シャープは遂に“最終章”を迎える事となりました。
機会がありましたら是非、今のうちに“生シャープ”をご体験下さいませ。今のシャープは本当に素晴らしい!
(生憎、11/2@東京文化会館はソールドアウトですが…。)

ちなみに、キングとコロムビアから過去の作品がCDで復刻されるようです。詳細は未定ですが…。
何とその中には未発表音源(幻のA列車!)もあるそうなので、今から楽しみです。

という事で、近いうちにまた登場しますのでヨロシクです。by筋金入りのシャープ・フリーク
 

ビッグバンドのメンバー募集です!

 投稿者:のむさんメール  投稿日:2008年 8月 9日(土)19時38分40秒
編集済
  福岡市で活動している「SWING JAZZ ART CLUB」というビッグバンドですが、メンバーを募集しています。
全パート募集してますが、特にトロンボーン、ギターが急募です。

【バンド紹介】
結成15年のバンドです。
「上手くなりたい」とは思っていますが、「厳しい練習をやるバンド」ではなく、あくまでも「仕事や学校が忙しい中、長くのんびりと楽しむバンド」です。
レパートリーはさまざまです。ベイシーから始まって、スタンダード曲、女性ジャズボーカルもの、ボサノバ、時には演歌も。
毎週日曜日の夜に、博多区千代のパピオや、中央区の中央市民センターなどで練習しています。

気軽にお問い合わせください!
 

/14