teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:宗大郎  投稿日:2014年 8月 8日(金)16時35分46秒
  <歌う果物屋さん、丹沢さん>
大川橋交差点(大里東口)の改良工事がいま佳境ですね。
お袋のGHがよいで週に一度はクルマで通りますが、
いまは交通規制のため少し混雑です。
同じように、大里戸ノ上交差点付近も、近々車線がひとつ増えて、
門司駅方向への流れが少しは良くなることでしょう。
立ち退きになったお店は、どこに移転したんでしょうね。

今週の月曜日、大里で飲み会がありました。
それまで少し時間があったので、柳町界隈を散策したんですが、
シャッターを閉めているところが異常に多かったように思います。
月曜だったからでしょうか、ひっそり閑としていました。
歌う果物屋さんとこも、確かお休みでしたね。

昔なつかし材木置き場跡(果物屋さんの近く)も見てきました。
確かこのあたりだったよな~って。
自宅から近かったものですから、頻繁に遊びに行ってました。
高く積み上げられた丸太の山、材木の隙間にできた隠れ家、強烈な木の匂い。
子供にとって恰好の遊び場でした。
 
 

夏は麦藁帽子

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 8月 8日(金)13時22分34秒
  あっそうですか、取り壊しで車道が広くなるようで立派な道路が出来るのでしょうね、
門商の制服の件
そのような時代も在ったのですね、ちょっと風変わりな事ですが貴重な
コメントありがとうございます。
 

麦わら帽子が制服?

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 8月 1日(金)22時12分31秒
  ■上柳2区さんへ
小菊堂さんの場所が分かりました。
二葉屋さんがあったところです。
それから、弁天堂さんのところは「藤田一番館」さんのお店があったそうです。
そこで、ダッコちゃんを売り出したときは、行列ができたそうです。

■丹沢さんへ
以前も書き込みしたのですが、現在は駐車場になっている大衆食堂さん。
そこで、アイスキャンデーを作って販売していたそうです。
もうすぐ、その山側のらくだやさん、お米屋さんなどがあった場所が取り壊しになります。
たぶん、車線を広げるんでしょうね。

今日は、元東小学校、戸ノ上中学、門商出身の方で○立さんと言う僕より年上の女性の方が来店されました。
現在は東京なのですが、後楽町団地にお住まいだったそうです。
その方が門商に入学した年に制服が変わったそうです。
「夏は麦藁帽子だった」と話してくれました。

昨日は、下馬寄の方が来店、僕と同じくらいの歳の方で、店内に展示しているお祭りの写真を見て「これは、西門司地区のお神輿なんですよ。屋根が丸いでしょ」と教えてくれました。

 

アイスキャンデー

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 8月 1日(金)09時36分0秒
  大里の電停前にアイスキャンデーを製造する店がありました、
パチンコ店を兼ねていましたが?不思議そうに見入った記憶があります。
固いアイスキャンデーでサッカリンの甘さだったのでしょうが
美味しかった。

上柳二区さんへ
抗がん剤もいろいろあるのですが、私の場合はTS-1 普段便秘が無ければ
問題ないのですが、元々便秘症でしたので苦労しています。
 

昔懐かしいアイスキャンデー

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 7月31日(木)16時17分14秒
     歌う果物屋さんへ
弁天堂さんの一角にアイスボックスを置いていたのかも知れませんね。
小菊堂さんは私もそこだったと思います。 卵味の効いたミルクセーキだったかな。

   丹沢さんへ
29日から抗がん剤治療に入りました。 念の為だそうです。 副作用がちょっと心配
だけど、主人は薬の把握に大変そう。 半年続けるそう。 本人が頑張るのみ。
私は見守るだけです。 スムーズに1日、一日過ぎていくのを祈っています。



 

弁天堂

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月27日(日)18時47分44秒
  先週は、「なんしょうと」効果で、毎晩11時まで残業でした。
しかし、すごい影響力のある番組ですね。

■上柳2区さんへ
角は、今は山田屋鮮魚店さんが営業していますが、僕が戸ノ上市場にいた頃は弁天堂さんで、うどん玉とおにぎりを売っていました。
その前は、記憶にありません。
その海側隣が小菊堂さんではなかったでしょうか?
その隣が中野果物店さん。
アイスキャンデーの店が、記憶に昇ってきません。

■丹沢さんへ
今朝の大里は、朝の6時前後はすごい雷雨でした。
大里の旧電停の山側の店が立ち退きになりました。
3号線を広げるためだと思います。
大里も変わっていきます。

写真の背景にある店は「二葉屋さん」「中野果物店さん」
 

彦島が一望に

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 7月23日(水)09時01分29秒
  宗大郎さんへ
南高の書き込みありがとうございます。関東、九州も梅雨明けしました。
これから暑い夏がやって来ますが、まだまだお元気を感じられます。
どうぞお体にはご自愛ください。
「風師会」、「めかり山荘」懐かしく拝見しました。

上柳二区さんへ
高祖先生名前だけかもしれませんが聞いた事があります。
 

小菊堂

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 7月22日(火)19時38分36秒
     歌う果物屋さんへ
ミルクセーキが美味しいので、それ目当てに小菊堂に行った記憶はあるんだけど、小菊堂
の場所がイマイチ曖昧としています。 角の魚屋さんの横でしたっけ?
角は、アイスキャンデーを大きなボックスから厚い蓋を開けて売っているお店でした。
そこと混同しているかも。 コーヒー味が好きでした。

   宗大郎さんへ
私は42年卒業です。 入学時南高でしたが、2年の時門商に改称されました。5市合併で。
履歴書に記入時入学・卒業と書かなくてはならないのですが、間に門商に改称と書かなくては
ならず、何枚か書き損じた記憶があります。 私達が幹事の時は松柏園でした。
10歳離れた丹沢の同級生の堀上先生や、後に校長になった高祖先生、雨の降る日に
高級車で送ってやると言って、その実友愛スポーツの車で送ってくれた水摩先生、担任の
井本先生等々懐かしい先生方とお会いできたのが嬉しかったです。
 

ミルクセーキ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月20日(日)06時49分48秒
  ■宗大郎さんへ
番組、見ていただき、ありがとうございました。
昨日は、博多や防府などの遠方からのお客さんが続々ご来店、いつも放送後は反響の凄さに驚くばかりです。
ただ、商品は午前中で完売してしまい、午後からは閉店までお詫びの連続でした。

南高の情報、ありがとうございました。

昨日、配達先のお客さんが「息子はあなたのこと知ってますよ」と言うので、話を伺うと、柳西中学で僕より2級下のS君でした。
記憶が曖昧なのですが、たぶん僕が部長やってたときのブラスバンド部じゃないかと思います。
早稲田を中退して、バークレー音楽学院に進まれたということです。

隣の洋服屋の女将さんがパインジュースを買いにきたのですが、そのときに「戸ノ上市場の横に小菊堂があって、そこのミルクセーキが美味しかったのよねー」と話してくれました。
僕も、小学生時代、いつも飲んでいました。
その後、小菊堂さんは不老どおりに移転しました。
 

(無題)

 投稿者:宗大郎  投稿日:2014年 7月19日(土)11時43分20秒
  <歌う果物屋さん、丹沢さん>
金曜日、TV観ましたー!
ご夫婦そろってお元気そうで、何よりです。
そういえば、仰るとおり猪瀬さんに似てきましたね~(笑)。
ジャムのみならず、焼き肉のたれなども開発され、美味しそう。。。

門南高のボクの同級生(S47卒)は23期になるそうです。
南高だけでなく、この年代は全国的に23期か24期ですよね。
ちなみに、亡き親父は門商バージョンの第20期生です。
思えば、よく風師会に出席しておりました。
酒呑んで、みんなと昔話して、さぞ楽しかったのでしょう。
「めかり山荘」で開催されたことが多かったようです。
いま、ボクがその年代になっています。

 

きぬや友の会

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月17日(木)22時02分21秒
  ■丹沢さんへ
いいですね、一泊旅行。
僕等も中学時代の同窓で計画していますが、なかなか実現できません。
第8回卒業と言うのは何年でしょうね。
南商の普通科には、けっこう知り合いがいます。
 

最後の同窓会

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 7月16日(水)19時15分24秒
  またまた書き込みです。戸の上通りのきぬやさん(現在永黒在住の弟?)が永年幹事されていて、今回集合写真など送ってきてくれました。写真は今回掲示用に編集を私がしましたが、原型とは異なります。会合は、5月28日(水)に盛会裏に終わり、あくる日希望者は山口・防府・津和野旅行に一泊したそうです。会は最終ですが、旅行同好会の名前で残ります。生きよう!まだまだ!。  

ままごとが好きでした

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月16日(水)15時25分11秒
  ■丹沢さんへ
その日、午後4時前に白野江に配達に出たのですが、伊川から大渋滞でぜんぜん前に進みませんでした。
引っ返そうと思った矢先、ふと、裏道を思い出し、そこもいくらか混んでいたのですが、なんとか商品を届けることができました。
大里なら、たいていの裏道を知っているので、こんな時は役に立ちます。

■上柳2区さんへ
幼稚園に行けば写真があるんでしょうね。
誰か、アルバム、お持ちではないでしょうか?

最近、行ってみたいなーと思っている博物館の企画展ですが、小倉城庭園が「ままごと」の歴史展をやっています。
それから、八幡ではサンダーバード、古賀ではゴジラ、久留米では、お医者さんの昭和絵日記。
今度の日曜日、久留米に行くつもりです。
 

ロバのバス?

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 7月15日(火)22時46分17秒
     丹沢さんへ
 関門自動車道での事故は、朝から何時間も消防車や救急車がサイレンを鳴らしながら
高速を走っていたので、どうしたのかなと思っていました。 4ヶ所も次々と事故って
いたのは新聞で知りました。 車は速くて便利だけど凶器にもなるし・・・。
安全運転でのんびり運転出来る歳になり、急がず、焦らず楽しんで乗るが一番。
ちなみに私は免許がないのでタクシー頼みですが。

   歌う果物屋さんへ
こばと幼稚園のロバのバス、大正8年生まれの母が馬車に乗って幼稚園に通っったと
いうのがその幼稚園かもと興味があります。 近くにあったけど馬車に乗って通える
ので遠かったけどそこに決めたそうです。 ちなみに母は御所神社の近くに住んでいた
そうです。 御所の先の本屋さんのすぐ傍だったそうです。

 

門司港ICの事故

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 7月15日(火)05時18分0秒
  昨日門司港のIC付近で複数の交通事故が発生したようです。トンネルとカーブが多く昔から清見付近では事故が確認されています。今回の事故では篠栗町の運転手が犠牲になったとか、伊岐須、伊川、篠栗峠そして門司港どちらにも縁があり残念です。(数年前に布刈山荘から)
 

ワカメちゃんカットの子供達

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月13日(日)21時17分17秒
  ■今昔物語さんへ
昭和23年・・・、そうですよね、上の二人の髪型はサザエさんと同じですね。

昨夜、商店街のS田さんたちと飲んでいたのですが、萩ヶ丘公園横の空き地は処刑場だったと言う話をしたら、S田さんは「柳小学校下の公園もそうだった」と教えてくれました。
あそこは、小笠原藩の墓場だったと聞いていたのですが、どうなんでしょうね。

西門司にある「こばと幼稚園」、昔はロバの幼稚園と呼ばれて、ロバの馬車で園児を送り迎えしていたそうです。

旧柳町銀天街(アーケード街)の中にあった靴のワシントンさん。
その昔は、そこにバナナの倉庫があったそうです。
 

昭和23年頃

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 7月12日(土)12時15分19秒
  投稿写真を友人と共に昭和23年の航空写真と比較してみました。

A:投稿写真にある田園の中に家が密集している所。
B:異人館のあった森。
C:大里東小学校
D:以前投稿した焼損時の写真の上の左に写っている
  白い校舎がない火災前の門司商業(南校)
 

写真解明

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 7月12日(土)00時24分45秒
編集済
  友人からの情報では以前投稿の写真は
戸ノ上中学校方面から登山して頂上の
手前の開けた場所だそうです。
写真Upします
A:精糖会社 B:製粉会社 C:門司商業
D:大森公園 E:古河電工 F:巌流島

白黒写真のCは焼ける前の門司商業の校舎で焼損時の写真の
上の左に写っている白い校舎がありません。
門司商業の火災は昭和32年です。
白黒写真の撮影時期は女性の服装、髪型から昭和20年代だと
思われます。
御検討をお願いします!!!
 

パッチン

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月10日(木)15時55分5秒
  ■今昔物語さんへ
7月8日の写真ですが、戸ノ上山と言うことは、寺内側から撮ったものなのでしょうね。
左端の建物は旧ユニードに見えます。
中央下が寺内のマンション・ビバライフ萩ヶ丘でしようか?
どこからか、教えて頂ければありがたいのですが。
その上の白黒写真と場所が同じであれば、中央の森が異人館のあった場所かなー、と思います。

パッチンは、ひっくり返すのもやってましたが、指ではじいて飛ばす遊び方もあったような気がします。
 

メンコ遊び

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 7月 9日(水)18時51分48秒
編集済
  ♪ 歌う果物屋さんへ
友人投稿の写真は戸ノ上山だそうです!!
白木崎の写真ありがとうございます。
今は白木崎の地名はありませんが写真の階段を
上がった所に親戚の家がありました。
西鉄電車に乗り白木崎で降りると海岸方面に
セメント工場がありました。
それらを眺めながら階段を揚がり親戚の家まで行き
関門海峡の夕日を楽しんでいたことを思い出しています。

毎日新聞からの借り物ですがコウモリ傘の修繕の写真
メンコ遊び(当時はパッチンや軍チンと言っていたように思います)
Upします。
 

一緒に歌ってくれたら

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月 9日(水)16時29分41秒
  ■今昔物語さんへ
写真、ありがとうございます。
矢筈山からだったんですね。

■丹沢さんへ
棺を覗き込むと、白い顔の安宅さんが眠っていました。
また一緒に歌ってくれるんじゃないかと想って、「お腹も心もあったか、門司港あたか♪」と小声で歌いました。
 

トリオこいさん

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 7月 8日(火)19時57分38秒
  >今日は、ラジオでご一緒させて頂いていた、安宅のり子さん(トリオこいさんず・山口のり子さん)のお通夜でした。
>3月、ラジオを終えて、「また、来週もよろしく」と手を振ったのが最後でした。(果物屋さんの頁より)

楽しいラジオを聴かせて頂きありがとう。お元気にラジオを引退されたようですが、目標が無くなったのでしょうか、残念です。お悔やみを申し上げます、合掌。
 

戸ノ上山

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 7月 8日(火)19時10分50秒
  ♪ 上柳2区さんへ
「城山霊園を通り過ぎ七曲」よく通って裏門司に行っていました。
懐かしい道ですね。小学生の遠足にその道を通って水源地に行った
ように思うのですが場所と名前を忘れています!!!
別ルートで城山霊園内を通って猿喰へ出る道も通って裏門司まで
出ていました。

♪ jin さんへ
「みなと駅」の情報ありがとうございます。
白木崎の風師山ふもとの傾斜のある住宅もドラマに出ていたように
思います。今は白木崎の地名はありませんね。

♪ 歌う果物屋さんへ
以前投稿されていた写真と同じではないかと思われる場所を門司在住の
友人が送ってくれました。upします、検討をお願いします。

1枚目:果物屋さんの投稿された写真。
2枚目:同じではないかと思われる写真
 

税関・消防訓練

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月 8日(火)17時26分6秒
  ■上柳2区さんへ
杉の湯の下のかき氷の店って、「たいこ屋さん」でしようね。
大きな手回しの機械が店先に置いてありました。
七曲がりを過ぎて今津までの下り道で、自転車の両手離しをしていました。

■jinさんへ
田舎のおじさんの家に行くと五右衛門風呂でしたが、子供心に「怖い、熱い」のイメージしか残っていません。
フタがぷかぷか浮かんでいて、それを踏んで入っていたような・・・。

■今昔物語さんへ
そうです、そうです。
まったく、同じ場所からの撮影ですね。
 

さよなら、トリオこいさん

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月 7日(月)21時51分26秒
  今日は、ラジオでご一緒させて頂いていた、安宅のり子さん(トリオこいさんず・山口のり子さん)のお通夜でした。
3月、ラジオを終えて、「また、来週もよろしく」と手を振ったのが最後でした。
なんか、ポカーーーンと穴が空いてしまいました。
2年間だったけど、安宅さんとの帰りのJRは、遠足のようにわいわい話が弾んでいました。
僕にとっての、昭和でした。

もう、14年目になった「門司・横丁の芸人達ライヴ」、昨日で2週連続のステージを終えました。
今年は、某銀行副頭取率いるおじさんロックバンドやら、50年代60年代のポップスで賑わいました。
最後に地元商店主たちのロックバンド・フラッパーズが、いつも「頑張れ・門司港」を歌ってくれるのですが、その様子を下記アドレス・ユーチューブにアップしました。

https://www.youtube.com/watch?v=RRnxqSPNCvM
 

今昔物語さんへ

 投稿者:jin  投稿日:2014年 7月 5日(土)05時25分56秒
  3枚目:旧門司港桟橋付近の写真
    ここでは昔「菅原文太」主演のやくざ映画、中村雅俊さん主演の
    題名は忘れましたが門司港を中心としたNHKドラマの撮影がありました。

“みなと駅”ですね。録画したビデオはまだ、持っています。
 

椿隧道

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 7月 4日(金)23時13分27秒
     今昔物語さんへ
椿隧道??? 初めて聞いたので椿隧道で検索してみたらとても面白いサイトがありました。
椿トンネルの新と旧があるのですが、大正11年に椿隧道が初めに出来たことを調べた方がいて
実はトンネルは3つあるそうな。 隧道発見まで詳細に写真が撮られてありへ~ツと感心
しながら、改めて門司の表方面はいくらか知っているけど、裏のほうは知らないことだらけ
のようで興味が湧きます。

小学校時、城山霊園を通り過ぎ七曲から松ヶ江の海岸まで歩きで行き、帰りはレンゲを摘み
乍帰った思い出があります。 ニナが戦利品でした。 遠かったけど楽しかった。(*´∀`*)
 

門司港桟橋

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 7月 4日(金)16時51分11秒
編集済
  ♪ jinさん・上柳2区さんへ
五右衛門風呂や恒見方面の話題ありがとうございます。
昭和30年当時門司港から手向山トンネル迄を表門司
国道10号線で門司港方面から椿隧道を越えると裏門司と
言って田園風景の広がる所だったように思います。
帰省した時に行くのですが道路も幅広く団地も増え町全体が
表門司に比べ活気に満ちているように思えます。
昭和30年当時自転車で裏門司まで行き干潟や海岸で潮干狩りや
魚釣りをしていました。干潟では飛びハゼをたくさん見たように
思います。


♪ 歌う果物屋さんへ
以前投稿されていた写真をみて門司在住の友人が旧門司港桟橋付近の
写真ではないかと当時の写真を送ってくれました。Upします
1枚目:歌う果物屋さんが投稿されていた写真
2枚目:1枚目と同じ場所、税関付近の写真
        写真中央上部に旧門司港桟橋、写真右上部に門司港駅が見えます。
3枚目:旧門司港桟橋付近の写真
    ここでは昔「菅原文太」主演のやくざ映画、中村雅俊さん主演の
    題名は忘れましたが門司港を中心としたNHKドラマの撮影がありました。
 

上柳2区さんへ

 投稿者:jin  投稿日:2014年 7月 3日(木)19時08分43秒
  恒見の峠と言われるのは、営業所から井の浦に向かう道ですね。4年位前に角文研(北九州角打ち文化研究会)の
仲間7人位と峠の途中にあった酒屋を訪れた事がありました。話を聞けば、大里の“都留酒店”の身内と言われました。
五右衛門風呂ですが、東京から戻って就職、会社からすぐ徳山に行ってくれと言われて行って住まいを探してところが
農家の離れの1DKそこで風呂に入らせてもらったのが、五右衛門風呂なんだか、風情があっていいもんでした。
 

杉の湯

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 7月 2日(水)21時15分9秒
     jinさんへ
 家のお風呂は五右衛門風呂で、丸い板がプカリと浮いていてそれを踏み沈めながら
湯に浸かります。 縁に掴まりながらその板を沈めたり浮かしたりで、色々遊びながら
入っていました。 釜には薪や石炭読み終えた雑誌等、漫画を読みながら湯を沸かしたり。
家の中に井戸があったので、その井戸から水道を引いて使っていました。
今でもそうだと思います。 普通の水道と井戸から引いたのとを使い分けています。
だから断水がなくて大層便利ですよ。

お風呂のない近所の友達が銭湯に行くのが羨ましくて、時々一緒にタオルと石鹸を持って
行けるのが嬉しかったし、いい思い出になっています。
とみやまの近くの銭湯へは同級生と一緒に良く行っていました。

暑い夏にはボールを持って、杉の湯の下だったと思うけど氷を買いに行っていました。
かち割りだったりかき氷だったりで、家に帰って砂糖やシロップをかけて食べていました。
溶けるので急いで帰った思い出です。
 

おーーい、石鹸

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 7月 2日(水)17時01分59秒
  ■上柳2区さんへ
すみません、新門司福祉センター行きのバスは巡回バスだそうです。
門司駅にも停まります。
それから、お父様の行きつけの戸ノ上の角打ちは僕の同級生の店です。
同級生は、若い頃に亡くなられたんですが、お姉さんがカウンターで頑張っていました。
現在は空き地でなっています。

■今昔物語さんへ
杉の湯さんは、僕も自宅側なのでちょくちょく利用していました。
昔のマッサージ椅子が置いてあり、昭和がそのまま残っていました。
浴場には男女の仕切り戸があって、「おーい、石鹸いいか」と奥さんにかけ声かけていた入浴客の声が聞こえてくるようでした。
昔は、赤ちゃんをつれた女性客も多く、けっこう、そのことの苦労話も耳にしています。
 

杉乃湯

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 7月 2日(水)13時05分10秒
編集済
  昭和30年代、角打ちは門司市民病院近くの後楽町団地にあった酒屋
大川側の廣済寺幼稚園の近くの酒屋、永黒町にあった酒屋などでやっていました。
当時は銭湯もたくさんありました。父は銭湯の帰りに角打ちによく行っていました。
門司に帰省した時には当時の銭湯や酒屋さんを巡るのですが、多くの銭湯や酒屋さんが
廃業されていて時代の流れを感じています。

門司在住の友人から戸ノ上通りにあった杉乃湯さんが廃業されたと連絡がありました
御所神社や戸ノ上神社の祭りの時に大里の力餅さんの近くにあった銭湯や杉乃湯に
入って祭りの屋台に行っていたことを思い出しています。
以前帰省した時に撮影した杉乃湯さんの写真Upします。

 

角打ち

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 7月 1日(火)00時38分14秒
     jinさんへ

お酒が好きだった父は、会社の帰り角打ちを楽しんでいました。
自転車通勤だったので、(今思い出すと家は坂の上の方でしたので、行きはヨイヨイ
帰りは・・・大変だったと思う)。 浅原建材店の近くに酒屋がありましたか?
そこに通っていたようなのですが、今はないような気がします。
戸の上通りの豆腐屋さんが道を挟んでありました。 その上方にお風呂屋さん。

時間が取れるようになったら情報を参考にバスに乗って、門司の裏の方にも行ってみようかな。

母が恒見の鳥巣病院にお世話になっていた時の見舞いの帰り、間違って乗ったバスが、見知らぬ
峠や海岸の通りをズーッと走るので、奇妙な感覚になりましたよ。 井の中のカワズでした。
知らない門司を見つけた気持ちでした。

 

庶民の娯楽

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 6月30日(月)17時01分12秒
  ■jinさんへ
そうです、新門司福祉センターです。
あそこのお風呂は六十才からなので、後、半年で入ることができます。
今は、田川地区の温泉かみやこ町のお風呂に行ってます。
300円から600円くらいのところです。
ガソリン代はかかりますが、安いレジャーです。
ただ、風呂上がりに、即ビールが飲めないのが残念です。
が、新門司だと、現在バスがまた通り始めたので、風呂上がりのビールが楽しめそうです。
庶民にとって、銭湯と角打ちは、ありがたい娯楽です。
 

上柳2区さんへ

 投稿者:jin  投稿日:2014年 6月30日(月)13時35分13秒
  お久しぶりです。松ヶ江のお風呂って言われるのは、新門司福祉センターのことですか?
あの辺りはもう、バス路線は廃止されています。丸和辺りからずいぶん歩く事になります。
当方も今、グランドパスを使って時間つぶし(小旅行)をしています。“北九州角打ち文化研究会”に
所属していますので、酒屋巡り(もうあまりありませんが)が大好きです、酒屋の角打ではありませんが、
吉田団地で立ち飲み屋を、先日見つけました。大里も私の20代の頃は数えてみれば、20件はありました。
企業衰退とともに消えて行きましたね。朝倉酒店、樋田酒店など…
 

感謝します

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 6月29日(日)09時55分25秒
  <宗太郎様>
N山をはじめ兄弟でお世話に成っています。私も書き込みを積極的にした時代もありますが、今はチョコチョコ覗かせて頂いています。今後とも宜しくお願いします。

<上柳2区さんへ>
食事が可能な時期になって食べられない寂しさはありましたが、苦痛には感じませんでした。術当日を含め二日目から飲水可で、5日目から三分粥からから始まり5分粥、七分粥、全粥を三日間経験して術後一四日目に退院しました。
 

点滴

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 6月29日(日)08時22分32秒
編集済
  ■上柳2区さんへ
点滴うけたことがないので分かりませんが、母も現在点滴中で「水が飲みたい」と言っています。
無事、手術を終えられ良かったですね。
そこも、僕らの時代とともにあった病院です。
思い出にまつわるような発見がありましたら、書き込みお願いします。
二十歳くらいのときは、山側に看護婦さんの寮があって、友人たちは、よく送り向かいしていました。
オフコースの「さらなら」が流行っていた時代でした。
 

5時間が6時間に・・・

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 6月28日(土)22時12分11秒
     歌う果物屋さん

 お母さんが入院された時その救急車は私も見ていると思います。
搬送されたあとのことでしたが正面玄関に止まっていました。 大丈夫でしたか?

主人はお陰様で、6時間掛かりましたが無事に終わりました。 1週間は点滴と水分のみで
その後は重湯からだそうです。 渇きにひたすら耐えているところ。

松ヶ江のお風呂って検討が付きません。 車がないので、それこそグランドパスを使って
ゆっくり門司の端から端まで日にちをかけて巡ってみようかな。

意外に知らないところが沢山あると思います。

面白いところがあれば皆さん教えてくださいね。

新婚当時、大谷池の傍から細い道をたどっていくと池があり、そこは富野の駐屯地
のすぐ横でした。 だあれもいなくて不思議な雰囲気の池でした。
オタマジャクシをすくってみたから、あれは春の事だったでしょうか。

 

なんでも遊び道具にできた時代

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 6月25日(水)22時32分43秒
  ■今昔物語さんへ
いつも、写真、ありがとうございます。
大里本町は、住宅の目の前が砂浜だったんですね。

■丹沢さんへ
スカイツリーの写真、そして、お元気なお姿、ありがとうございます。

■宗大郎さんへ
僕も、今年で還暦です。
松ヶ江のお風呂に入れる歳にとります。
映画も安く観られるんですよね。
「歳とって良かったなー」って、思うようにしています。

■上柳2区さんへ
夕方、母が救急車で入院しました。
たぶん、上柳2区さんと同じ病院です。
先週は義父が入院し、家内と仕事を振り分けて、手続きやら買い物に奔走しています。
一番助かるのは、みんなの助言です。

本日の写真は、家内の子供時代。
戸を利用しての滑り台です。
そんなものでも、とてもスリルがあり、楽しかったんでしょうね。
なんでも、遊び道具にできた時代です。
 

手術日でした

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 6月25日(水)20時44分35秒
     皆さんへ

 5時間という事でしたが6時間掛かりました。 一応無事終了。
後は又病理検査結果待ちで、ひたすら主人が時間をかけて癒えるのを待つだけですので
頑張れるよう、寄り添って応援するのみ。

皆さんに知って貰っただけで、少し開放された気分。
なだらかな戸の上山を眺めながら、この歳になったからこんな気持ちで受け止められていられる
のだと、気がつきました。 子供や孫の受け止め方は又違っているのでしょうね。

これを越えたら又新しくスタート、切り替えの時。 人生山があり、谷があるということです。

思い出に浸り、癒される時間がここにある。 皆さん有難う。
 

(無題)

 投稿者:宗大郎  投稿日:2014年 6月25日(水)16時50分38秒
  〈上柳2区さん〉〈丹沢さん〉
しばらくご無沙汰だと思っていましたら、家庭にご事情があったのですね。
還暦過ぎたら少しはのんびりさせてもらえるのかなと考えていましたが、
人生、そう甘くはないですね。こんな歳になっても、これでもかと言うくらい
色んな事が起きてきます。
介護は辛いですが、頑張って下さい。ご主人の快復を祈っています。
往々にして我々というものは、いちばん幸せなときが分からないまま
過ごしてしまうものですよね。
こんな歳になったら、哀しいときでも楽しいときでも、
身に降りかかるすべてのものをしっかり受けとめて、
一日一日を過ごして行きたいものです。

昨年は、弟さんにお会いできて、大変懐かしく嬉しかったです。
N山ご兄妹、これからもますますお元気で、色んなお話、聞かせて下さい。
 

元気で退院するよ!

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年 6月25日(水)14時07分39秒
  <皆さま 毎日楽しく拝読しています。個人的な使用をお許しください>

(上柳2区さんへ)

最近は開腹手術でなく、お腹に小さな穴を開けて簡単手術が多くの事例を聞きます。肉体の負担を軽くするためかなぁ、私の場合は6日前に入院しましたし、精神的負担が多かったけど手術した場合5年後に再発する例が多いそうです。
(写真はこの春、車でスカイツリーに行った時の写真です。)
 

門司駅周辺

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 6月24日(火)16時39分5秒
編集済
  ♪ 上柳2区さんへ
新小文字病院には以前実父も脳梗塞で入院していました。
兄弟(主に長女)が交代で看病に行っていました。
意識を取り戻してしばらくの間は家族揃って昔の思い出話をして
過ごしていました。
昭和23年頃の門司駅前の写真を見せたところ病院の屋上から
門司駅方面を眺め「この辺はずいぶん変わった」と言っていました。

門司駅周辺の写真UPします
1枚目:昭和23年頃(不老通りの旧若草前には川が流れていたそうです)
2枚目:昭和49年頃(柳小学校の建物が見えています)
3枚目:平成24年頃(柳小学校が更地になっています)

 

雨のち晴れ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 6月24日(火)15時39分32秒
  ■上柳2区さんへ
僕の義父は数年前からステージ5と宣告されていたのですが、投薬を止めてからの方が元気になったような気がします。
生き方の問題なのですが、自分ならどうするかなど、いろいろ考えさせられます。
僕の親友も、一昨年、胃ガンと宣告され天に召されました。
慰めは、企画した中学時代のクラス同窓会に間に合ったことです。
彼と、飲むたびに「あのクラスは楽しかったね」と語り合っていたのですから。
僕自身も、最後くらいは笑って逝けたら、また、送り出せてあげたらと願っています。
丹沢さん、上柳2区さん、書き込みを楽しみにしています。
 

(無題)

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年 6月24日(火)00時09分53秒
  ホタルの乱舞ももう終わっているのでしょうか。 丹沢も大川のホタルを思い描いて
門司を懐かしんでいる事でしょう。 胃の全摘から1年過ぎ、薬やその後遺症で苦しみながら
もう帰れない門司を思いながら、日々折り合いを付けていっているようです。
帰って来れる事が出来るかも知れないと望みを繋ぎ頑張ってほしい。

今日、主人が手術前検査で入院。 明後日は手術です。
大腸がんです。 ステージ5だそうですのでショックを受けたでしょうが、痛みもないので
いたって元気。

高台の病院からの眺めは大里の街を一望出来ます。
思い出の柳小学校があった場所を上から眺めながら、周りの変わっていった町並みを確認
してると時の流れを感じます。
これから何週間かこの眺めを胸に刻みながら、私も頑張りどころかなと思っています。
 

火の玉

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 6月22日(日)22時19分25秒
  ■今昔物語さんへ
お客さんに訊くと、たいてい、一つや二つは霊の体験談を話してくれます。
一番多いのは火の玉の話。
jinさんの書き込みにもあった蛍、それが火の玉に見えてたのかも知れませんね。
社ノ木にある「親孝行の碑」。
そこに火の玉があたって焦げたあとがあると、この掲示板にも以前、書き込みがありましたが、先日探してみたのですが、分かりませんでした。
写真、いつも、ありがとうございます。

下の写真は、昔の日田彦山線の列車内の様子です。
一杯やりながらの旅・・・いいですね。
 

白黒テレビ

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 6月22日(日)08時35分16秒
  久しぶりに掲示板を拝見して昭和の大里を思い出しています。

♪ 歌う果物屋さんへ
怪談シリーズ興味深く拝見しました。
大里や壇ノ浦地区には色々な怪談話があり、話を聞いた夜は
昔のボッチャントイレから何か出そうな気がして、朝まで
我慢していたことを思い出しました。

♪ jinさんへ
大川の蛍の情報ありがとうございます。
門司在住の友人からは小森江地区にも蛍が飛んでいるとの
連絡がありました。
門司も昔のように蛍が乱舞するといいですね??

白黒テレビ時代の写真をUpします。
1枚目:番組が始まるまでこの映像を見ていました。
    当時のテレビは高価なもので両親は月賦で買っていました。
2枚目:まぼろし探偵に出演していた「吉永さゆり」さんです。
3名目:当時のヒーロ「力道山」です。
 

還暦を迎えて

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 6月18日(水)11時44分22秒
  ■宗大郎さんへ
そうです、ジャックスのオリジナルです。
フォークルのさよならコンサートのLPでは、加藤和彦が彼らの歌を数曲カバーしてましたね。
最初、それらは加藤和彦のオリジナルだと思っていました。
「おいでよ、僕のベットにーー♪」なんて歌も、スリーフィンガーを練習して歌っていました。
ちょっと前までは、地元中心の歌作りをしていた僕ですが、最近は、お客さんと介護とか葬式、死に方の話題ばかりて、歌もそんな歌詞ばかり創っています。
恋愛歌なんて、もう、何十年も創っていません。
来月はシニア雑誌に記事が載りますが、なんか、ため息が出てしまいます。
 

サイケデリック・ロックバンド

 投稿者:宗大郎  投稿日:2014年 6月18日(水)09時20分46秒
  〈歌う果物屋さん〉
「時計を止めて」は、ジャックスのやつですか?
ボクが中3の時の歌で大好きな曲のひとつです。
もしそれだったら、果物屋さんのあのお声で歌っても
結構いけると思いますが。
この4月からの再就職の仕事も、訳の解らないままに
何とか頑張っています。
給料は以前の半分以下なのに、前より沢山働いているような
気がしますが、これも衰えた事務処理能力のせいでしょう。
門司にも、この4月から週に1度は通っています(母のGHの関係)。
門司とはまたさらに縁が深くなりました。
 

フォークルファンのお客さん

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 6月16日(月)16時52分7秒
編集済
  ■JINさんへ
子供の頃は、戸ノ上通りでも蛍が飛んでいました。
この頃から、夜、大人達は縁台に将棋盤を置いて指してました。

さっき、大里本町の自動車修理工場の奥さんが来られて「風」を歌って欲しいというので、店内ライヴをしました。
聞けば、僕より1学年上。
フォークルの大ファンだったそうです。
「時計を止めて」と歌おうかと思ったけど、「加藤和彦のか細い声が好きだったんです」と言われたので、僕の声は図太いのでやめにしました。
 

レンタル掲示板
/51