teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


歯医者さん

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年12月 1日(月)23時08分12秒
     歌う果物屋さん

 戸ノ上通りからとみやまの通りに入り、肉屋さんと洋品店の間位だと記憶してるけど
そこの歯医者さんへ行っていました。 歯医者さんは行くのがどうも苦手でした。
歯医者さんといえば、アーケイドの入口にもありましたね。 お下げが可愛い同級生
がそこのお嬢さんでした。 市場界隈は昔と随分入れ替わりましたが懐かしい所です。
 中央市場、柳市場、戸ノ上市場、そしてエザキの方までうろうろしましたが、どこも
変わっていて、ここは昔なんだったかなとふと立ち止まることもありますが、懐かしむ
時間を楽しんでいます。 そうそう、別院通りの市場も懐かしいですね。

 
 

柳市場は僕らの遊び場

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年12月 1日(月)15時46分19秒
編集済
  ■上柳2区さんへ
柳市場の一階の貸し本屋さんは、うーーん、記憶にないですね。
二階には、老夫婦の歯医者さんがあって、僕は常客でした。
「お前はいつも、柳市場の二階の広場で、雨の日に裸で遊んでたんで、風邪をひきゃせんかと心配やったぞ」
治療に行くたびに言われてました。
広場に垂直に備え付けてあった非常階段、手すり、屋上のお稲荷さん、踊り場、段ボールが積んであった山側のベランダ。
僕らの、遊び場でした。

下の写真は、門司ボールです。
 

(無題)

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年11月29日(土)16時23分10秒
     今昔物語さん


 JRは今だに汽車と言ってしまいます。 何年前か忘れましたが、昔新町の電車通りで
女の子が撥ねられた痛ましい事故がありましたよね。 今でも新町をバスで通過する時
思い出します。 長い間そのお宅の塀には目撃情報を尋ねる看板が貼ってありました。

   歌う果物屋さん

 甘陣の斜向かい位のところにも、貸本屋さんがあった気がしているのですが。
柳市場の1階です。 吉村のパン屋さんの所からとみやまのほうに曲がったところの
書店で(同級生がいます)、いつも月刊の少女雑誌や文学全集を買ってもらい、夢中で
読んでいました。 入口を挟んで反対側の野菜屋さんにも同級生がいました。

お祭りの時太鼓を叩く同級生にカッコイイな~と思ったものです。
 

松原・大丸青果店

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月29日(土)16時04分11秒
  ■今昔物語さんへ
写真、ありがとうございます。
吉谷薬局さんの前に「松原」「大丸」の果物屋さんが2店並んで、その横が和菓子「青柳」、「カメラのぎんれい」「いりこ屋」さん、一番端がサンドイッチでおなじみの吉村のパン屋さんでした。
現在は駐車場になっています。

今日、配達の途中に大里中央市場の中を撮ってきました
全部、板で覆われていて、賑わっていた頃の想像がてきませんでした。
 

転線作業

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年11月28日(金)18時07分59秒
  ♪歌う果物屋さんへ
柳町商店街の解説ありがとうございました。
吉谷薬局さんの筋を通って柳町銀天街のアーケードに入っていました。
当時は柳市場や戸ノ上市場、とみやま周辺、門司駅周辺は活気があり
各店舗を見ているだけでワクワクしていました。
理由は知りませんが当時卵は電灯にすかしてから売っていたように思います。

♪上柳2区さんへ
当時は西鉄を電車、国鉄を汽車と言っていたように思います。

葛葉と門司駅前の転線中の電車の写真と借り物ですが柳町商店街の写真Upします。

 

生田商店

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月27日(木)22時30分52秒
編集済
  ■今昔物語さんへ
切符の写真、ありがとうございます。
水クジなんですが「なめクジ」とか言ってたような・・・うーん、記憶が定かではありません。

■よろずや果物店さんへ
「はずれ」ではなく「スカ」って言葉が懐かしいです。
「あー、スカやった」と残念がったものです。
ガラポンの当選確率は企業秘密です。(笑)

■丹沢さんへ
「国際電気のナショナルは無難、ソニーは高機能だが壊れやすい」
ずっと、そう思っていました。

■上柳2区さんへ
西鉄電車ですが、大里の電停に折り返し線路があったんです。
不思議に思って、元運転手さんに尋ねたら「始発や最終便など、門司港まで行って折り返すと時間がかかるので、大里や葛葉で折り返していた」と教えてくれました。
大里や葛葉での乗客が多かったんですね。

写真は、友人が柳町商店街の吉谷薬局さんの筋を思い出して描いてくれたものです。
 

門司駅から

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年11月25日(火)00時14分41秒
   今昔物語さん

 門司駅の切符懐かしいです。 今は西鉄バスを利用することが多いですが、たまにJRを
利用します。 ニモカを利用するので切符を買うことが、少なくなりました。

子供の頃は、父と外出する時は国鉄、母と外出時は西鉄電車が多かったように思います。

小5年の頃初めて友達4人で担任の先生のお宅迄、国鉄で戸畑まで。 帰りは西鉄電車で
小倉で下車、それから歩きで朝日新聞社のあった砂津まで、遠いな~と思いながらその近くの
友達の親戚の家まで行き、後は西鉄電車で帰った思い出があります。
スタンドバイミーほどの冒険ではないけど、それに近い思い出です。
 

皆様へ

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年11月23日(日)11時06分46秒
  いろいろな情報ありがとうございます。
国際電気だったかもしれませんが、いずれにしてもありがたい
情報ありがとうございます。

(歌う果物屋さん、今昔さん)へ
懐かしい、国鉄の切符、電車の切符の写真ありがとうございます。
本当に懐かしく見せていただきました。
 

ガランポン

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月23日(日)08時28分54秒
  歌う果物屋さん:

ちなみにガランポンは どのくらいの確率で 当たりが入っているんですか?
くじ運は 水クジ以来悪いもんで 当たりは 入ってないのでは??
っと勘違いしてしまいます。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月23日(日)08時25分8秒
  今昔物語さんへ:
スカしかなかったと思います。(笑)
私も当たった記憶がありません。

丹沢さんへ:

中央電気商会は、不老通り側の 正面入り口の向かって左側(今は黒船)にありました。
右が よろずや果物店そして その横が角になり横野理髪店 でした。

師走の商店街は しめ縄売りとかが路上に出て 活気がありました。


 

師走の商店街

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年11月22日(土)17時21分56秒
編集済
  書き込みを懐かしく拝見しています。

♪よろずや果物屋さんへ
水くじの説明、ありがとうございました!!
当時の記憶では紙が細長い(2Cmくらい×4から5Cmくらい)物もあり紙芝居では
自分の舌でなめていたように思います。
当時は「はずれ」しか引いた記憶がありません。当たりはあったのかな???

♪丹沢さんへ
懐かしい書き込みありがとうございます。当時柳町や永黒町、後楽町にも真空管などを
販売している電気屋さんがあり、当時テレビやラジオなどの電気製品を修理していました。
しかし、シャーシや真空管ソケット、チューナー用のバリアフルコンデンサーなどが無く
小倉の電気店で購入して「初歩のラジオ」などの雑誌を見ながら3球スーパーや
5球スーパーのラジオやアンプを作成し楽しんでいました。

♪歌う果物屋さんへ
昭和30年から40年代は大里の商店街で買い物をするときは人ごみの中を歩いていたように
思います。特に師走の商店街は人が多く迷子にならないように母の手をしっかりと握って
いたように思います。
別の町の写真ですが当時を思い出させる写真と門司駅の切符の写真Upします

 

国鉄切符

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月19日(水)19時13分24秒
  ■よろづや果物店さんへ
みずクジの説明、ありがとうございました。
うーーん、記憶にないですね。
箸を引いて、赤いのが先端についていれば当たりとか、どこかでやったのは覚えています。
そうそう、12月に入ると商店街のガラポンクジの玉入れをしなければなりません。

■丹沢さんへ
あの頃は、○○電気商会と言う店名が多かったですね。
当家は、柳市場のそばにあった国際電気と言うナショナルのお店で購入していました。

写真は、本日、お客さんが持ってきてくれたもので、国鉄時代の切符と動物園までの電車の切符です。
両方とも、昭和48年とあります。
 

大里中央市場

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年11月18日(火)19時07分47秒
  中央電気商会であるものは 記憶が確かではありませんが、旧小倉駅付近までも行かずに購入していました。
まずはダイナミックスピーカーステオ(増幅器)の制作です。一度には購入できず何度も通ったものです。中央電気のお店は門司南高の指定店の様ものなでした。(場所が間違いなければよいのですが・・・)
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月18日(火)14時25分15秒
  そう言えば みずクジって よく駄菓子屋にありましたよねー。
3cmX3cmくらいの正方形のうすい紙で お茶碗にはった水の中に入れると
スカと書かれた文字が浮き出てくるクジですね。
スカしか思い出せないのですが その反対は ”あたり”ですかね?

中央市場のお店 懐かしいですねー。
よく覚えてましたね。
百合野のボタン屋さんへ よくズボンのゴムを買いに行かされました。
昔は ちゃんと補正/修理して 着ていました。
今は 修理するよりも買った方が安い。 ペラペラの素材ばかりに感じます。
 

大里中央市場の店舗

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月17日(月)17時36分44秒
  ■今昔物語さんへ
きびだんごのみずクジと言うのが分からないのですが、よろしかったら教えてください。
それから昭和30年代の道路写真と航空写真、ありがとうございました。
あの頃は、雨が降ると水溜りができて、長靴でその中を歩くのが面白かったです。

■よろづや果物店さんへ
25年前の大里中央市場店舗です。
小料理克美 スナック遊友 西川商店 百合野小物店 ながの化粧品店 食堂たけや
居酒屋人気亭 中央カメラ いわさ食堂 一力 よこの理容 よろづや果物店
香野商店 近藤ソーコ 中央電気商会 ラーメン不老軒 平山青果店 パーマあけぼの
 

門司駅周辺

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年11月16日(日)16時14分48秒
  ♪ よろずや果物屋さんへ
昭和30年代は大里の町に多くの商店街があり賑わっていました。
姉と日本食堂からの帰りに大里中央市場へ買い物へ行ったように
思いますが記憶が曖昧です???
門司に帰省する度に大里の町を探索するのですが昔の記憶と違い
浦島太郎状態になります。
昔の門司駅周辺の写真Upします
1枚目 昭和23年頃
2枚目 昭和36年頃
3枚目 昭和44年頃
 

たけちゃん

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月16日(日)08時54分24秒
  たけちゃんは 妹さんの方は私と同級生です。
市場っこ同士 よく一緒に遊びました。
今の庵(もう無くなってしまったんでしょうか?)があった所は
昔 鈴谷散髪屋でした。 そこの長女さんも私と同級生です。
当時は あの辺は子供が沢山いて 門司駅の待ち合い室など
全てが遊び場でした。

 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月16日(日)08時44分56秒
  今昔物語さん:

そうです中央市場の3階が門司ビジネスホテルです。
昭和30年後半の中央市場が一番栄えてた頃だと思います。
日食のビル(あの時代は大きく感じました)には前に車が4~5台とまれるパーキングがあって
そこも市場っ子の遊び場でした。
日食があり 今のように24時間のコンビニがなかったので 中央市場にあった”よろづや”は
店じまいが夜中の2時くらいになる時もあったそうです。
門司が賑やかだった古き良き時代ですね。
今から思えば 幼かった私を残して仕事をしているわけですから
兄姉が私の面倒を見ていたんでしょうね。

それにしても30年代の道はすさまじいですね。
溝にふたがないのも 思い出しました。
このような がたがた道を車と自転車と人が往来していたんですね。

歌う果物屋さん:

きびだんごは紙芝居と同様 柳公団へよく来ていました。
最初は練ってある団子が串に刺してあった記憶がありますが(こちらの方が好きでした)
いつの間にか 水っぽいつるっとしたのに変わりガッカリしました。
ビー玉のくじは思い出せません。
昔の方が 夢がありましたね。

 

大里中央市場

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年11月15日(土)19時57分30秒
  久ぶりに掲示板を開き懐かしい話に昔を思い出しています

大里中央市場は私もあまり覚えていないのですが、現在の
門司ビジネスホテルにあった市場でしょうか???
昭和30年後半、現若草パーキングにあった日本食堂に姉が
勤めていました。
みんずラーメン店閉店の知らせ、門司に帰る度によく通って
いました。また思い出が一つ消えてしまいます!!!

門司駅周辺や柳町商店街付近も大きく変貌して、帰る度に昔と
違い驚いています。

♪ 歌う果物屋さんへ
茹でたお湯に漬け、黄な粉をまぶしていた、きびだんご屋さんの
くじですがビー玉ルーレットが多く一部ミニパチンコの物もありました。
また紙芝居のきびだんごは水くじの物もあり「はずれ」が多かったように
思います。

昭和30年代自動車が普及し始めた頃の道路事情の写真をUpします。
道路の舗装が遅れていました。
 

きびだんご屋さんのクジ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月15日(土)17時38分3秒
  ■よろづや果物店さんへ
大里中央市場の中へは、僕は一度も入ったことがありません。
よろづや果物店さんが子供の頃は中もいっぱい賑わっていたんでしょうね。
外にある「たけちゃん食堂?」は、同級生の親がやってた店だと思います。

それから、きびだんご屋さんなんですが、「ビー玉のルーレットみたいなクジがあった」と言ってました。
僕は、板に釘を刺したミニパチンコみたいな記憶があるのですが、どちらなんでしょう。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月13日(木)17時42分21秒
  歌う果物屋さんへ:

中央市場の写真 ありがとうございます。
もう全く市場らしくない写真ですが 私には涙が出そうなくらいとても懐かしいです。

ミスタードーナツとパチンコ屋さんの間は火事になりました。
いつかは覚えていませんが すぐ壁を塗り替えなかったので すすの黒いあとがずーと
残っていました。

 

門司駅前

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月13日(木)17時30分51秒
  ■ひろ(戸ノ上中出身)さんへ
最初に行ったときは、「おいしいですね」と言うと「あたりめぇーよ」と言う顔をして少し怖い感じでしたが、何年か前に行ったら優しく声をかけられたのが意外でした。

■上柳2区さんへ
香川県から来られた方です。
うに屋さんは、その方の弟さん(婦人服店)です。
子供の頃から門司駅前で遊んでいたので、その頃のことをよく話してくれます。
ミスタードーナツとパチンコ屋さんの間は火事になったとか聞きました。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月13日(木)17時21分58秒
  歌う果物屋さん:

姉の同級生だったんですね。
姉の時代の大里高校はよく同窓会をされて 楽しそうだったのを覚えています。
貸衣装屋のI上さん、よろづや果物店があったころ 何度かお会いした事があります。
皆さん お元気なんですね。

みんずは昔 大通りにあったんですか? 知りませんでした。
どの辺ですか?
みんずは奥様が不慮の死を遂げられたとききました。
去年里帰りした時に 食べておくんだったと後悔しています。
 

(無題)

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年11月13日(木)16時52分42秒
     歌う果物屋さん

 久しぶりに開いてみたら私の知人の方が見えたとかの情報ですが、どなたでしょう?
蒟蒻屋さんの末広さんは同級生、旧柳小学校を出て斜向かいの左手角の今田さんは同学年でした。
みんずラーメン店の反対角のあきよし文房具店さんも懐かしいですね。
うに屋さんとは門司駅前の以前西鉄の定期券売り場の後の店でしょうか?
そこだったら、同級生の嫁ぎ先ですよ。

丹沢は、参加するのは今ちょっと厳しいようですが、いつも楽しみに門司の情報を見てるそう
です。 
 

みんずラーメンの思い出

 投稿者:ひろ(戸ノ上中出身)  投稿日:2014年11月12日(水)22時01分38秒
  みなさんお久しぶりです。果物屋さんの「みんずラーメンさん廃業」という書き込みをみてシュックを受けています。40年以上前のまだ大通リにあったころからの大ファンでした。私の妹も40年くらい前の高校時代に約半年ほどここでバイトしていました。いろいろなラーメンを食べましたがみんずラーメンは私にとっておじちゃんおばちゃんの愛情のこもった唯一無二の日本一のラーメンでした。5年くらい前に伺ったときはまだまだお元気そうだったのですが。かなりのご高齢だったのでいつかはこの日がくるとは思ってはいましたが残念の一言です。
長年、本当に美味しいラーメン作り、ありがとうございました。
 

スナック茶々

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月11日(火)17時30分52秒
  ■よろづや果物店さんへ
中央通と言うのは、昭和の町の中にある商店街です。
それから、商店会の役員はたぶんお姉さんの同級生でしょうね。
僕より4学年上です。
他に、メガネ店のY田さん、貸衣装屋のI上さん、H衣料品店の息子さんのNさんが同級です。
「大里高校は、おれだんまでが良かった」と酒が回ると自慢しています。

■宗大郎さんへ
15人でバスの送り迎えが無料になるのですが、クラス会だから少し不安でもあります。
今日、案内状を発送しました。
万一に備えて「他のクラスの方も、またご夫婦でも」と一筆入れております。
それから、宗大郎さんが住んでいたアパートの一つ門司港側の通りのSさんのお母さんが、「下の家も娘と同級生のK村さんなんですよ」と言っていました。
旧姓T中さんです。

高田のみんずラーメンさんが廃業しました。
スナック茶々さんからお伺いしたのですが、なんともやりきれない事情でした。

写真は一昔前の「スナック茶々」です。
 

訂正!

 投稿者:宗大郎  投稿日:2014年11月11日(火)12時07分39秒
  記憶が交錯してました。WINGではなくチャチャでした!  

(無題)

 投稿者:宗大郎  投稿日:2014年11月11日(火)09時46分11秒
  ご無沙汰してます。
「柳西中学クラス会還暦日帰り旅行」、幹事さんは下準備が
大変ですね。
ボクらも昨年が還暦に当たり、一泊旅行も考えたのですが、
歌う果物屋さんの言われるように、親の介護など諸々の事情を
抱えている人も居ますから、結局日帰りにしました。
クラス限定ではないのですが、ご存知のM先生を含めて34人
の参加があり、2台の小型バスに揺られて、山口は湯本温泉まで。
途中、神社で還暦祈願をしてもらい、ホテルで温泉に浸かった後、
大宴会。夕方には大里に戻り、WINGで腹ごしらえとカラオケ三昧。
先生の参加のお蔭で旅行がいっそう盛り上がりました。
あれから早いもので1年が経つんですねー。
柳西クラス会旅行の盛況と安全を祈ってます。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月10日(月)17時48分52秒
  歌う果物屋さんへ:

還暦同窓会 いいですねー。
二年つづけて 祖父の故郷の豊後高田へ旅行いたしました。
去年は 歌う果物屋さんが 是非”昭和の町”も見学されてください。 と言われたので
行って参りました。
とてもレトロな懐かしい町ですね。
見るもの全てが懐かしく 町ぐるみでされている企画にただ脱帽でした。
この写真の 中央通というのは門司ですか??
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月10日(月)17時34分15秒
  歌う果物屋さんへ:

S田さんは何人かご兄弟がおられるのですが 私は一番下の弟さんと同級生です。
ウニ屋さん はんこ屋さん 思い出せません。 私の兄姉の同窓生なのかな??
JR病院前のお店は私が小学校2年の時に店をたたんだのでやはり私の兄姉の同級生ですね。
末広というお店だったんですか。そう言えば亀庄さんは末広ビルです。
未だにこんにゃくを卸しているという事は どこかに工場を移られて
製造されているんですね。

話は変わりますが もう忘年会の季節なんですね。
1年があっという間に過ぎて行きます。

 

還暦同窓会

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月 9日(日)21時14分2秒
  ■よろずや果物店さんへ
こんにゃく屋さんは「末広」と言うお店です。
近くのスーパー等に商品を卸しています、
「亀庄」さんのビルが末広ビルです。
昔は、そこが工場だったんですね。
昨夜、商店会役員の忘年会だったんですが、よろずや果物店さんの話をすると洋服屋のS田さん、ウニ屋の弟のM本さん、ハンコ屋のS村さんが同級生らしくて、JR病院前のお店のことも良く知っていました。

■帯田町さんへ
「町の匂い」、そうですよね、今は、それがないですね。
特にラーメン屋さんはスープを作る匂いがしなくなったし、パン屋さんのバターの匂いもなくなりましたよね。
匂いって、商店街にとって、大切なものかも知れません。

本日は、同窓生と宇佐の簡保の宿に「柳西中学クラス会還暦日帰り旅行」の交渉にいきました。
峯先生とともに、豊後高田の昭和の町見学と宴会を予定しています。
親の介護に忙しい世代なので、何人集まるのか少し心配しています。

それから、昨日は上柳2区さんのお知り合いで、この掲示板に何度か書き込みをされていた方が遠方よりご来店されました。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月 9日(日)19時37分29秒
  帯田町さん:

溝の匂いとかもありましたよね。(笑)
中大門は吉野のお餅屋さん(娘さんが同級生)と貸本屋さん、柴田クリーニング(息子さんが同級生)
くらいしか記憶にありません。
帯田町さんより 一つ多く覚えているだけですね。

こんにゃく屋さんは そこで作っているだけで売ってなかったような???
よくお使いに行かされていたのですが あそこでこんにゃくを買った記憶がありません。
 

街の匂い

 投稿者:帯田町  投稿日:2014年11月 9日(日)16時30分42秒
  ■よろづや果物屋さん

亀庄寿司さんのあたりに、こんにゃく屋さんあったんですね。
記憶にありません。母が別のところで買ってたんでしょうか。

覚えているようで、記憶してることは部分的なんですね。

不老通りから門司港寄りに入った中大門の通りも、なんのお店
があったかなあと、ときどき思うのですが、貸本屋さん、餅屋
さん、くらいしか思い出しません。

昔は、たたみ屋さんの匂い、お茶さんの匂い、というふうに、
街に匂いがありましたね。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月 8日(土)17時13分13秒
  帯田町さん:

『あきよし』さんといわれるんですか。
さすが1日にして 今までの謎が解けるというのが このサイトの恐るべき所ですね。
帯田町さんも 同じようにあのお店の事を感じてらしたんですね。
臭覚は視覚や聴覚よりも 昔の事を思い出し哀愁のある感覚だと
聞いた事がありますが 本当にその通りだと思います。
あの店は いつ行っても私一人しか お客さんは居ませんでした。
帯田町さんの言われるように 需要が減って辞められたんだと思います。
門司は老舗になるのではなく このような理由で個人経営のお店がポツポツと
消えてしまい、寂しい限りです。

歌う果物屋さん:

不老通り、建物がまだ少ないですね。
今の亀庄すしがあったところに こんにゃく屋さんがあったのですが
前を通ると臭くて いつも鼻をつまんでいました。
 

サンデー・フォーク

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年10月31日(金)16時43分42秒
  ■よろづや果物店さん、帯田町さんへ
昭和30年代の、柳小学校が高田町時代の地図です。
あの頃の風景、思い出したことがあれば、またご紹介ください。

今日は、風師中学出身の方が小森江の元門司信用金庫があったところにローラースケート場があったと話してくれました。
大里は今の一番館のところと、門司駅小倉側にあったそうですが、小森江にも2つあった言うことです。

門司港栄町にあった「夢」と言う喫茶店。
そこが、アマチュアミュージシャンのたまり場だったそうです。

小倉井筒屋新館で催されていた「サンデー・フォーク」、その前までは八幡のTNCテレビ局で行われていました。
僕も中学時代に針生さん宅にお伺いしたことがあるのですが、その方も、集まりに参加していたそうです。
 

帯田町

 投稿者:帯田町  投稿日:2014年10月30日(木)21時26分47秒
  ■よろづや果物屋さん

西野さんの斜め前の文具やさんでしたら、たぶん「あきよし」さんですね。

たしかに小高い土間で、なんというか、土間の香りがしていました。おぼろ
げにですが、覚えています。

昭和40年代半ばすぎくらいで閉店されたような気がしますが・・・
柳小学校が移転して、文具屋さんの需要が減ったからでしょうか。

今田さんは、文具やさんから、食パンとか日常品を販売するかたちで、その
後も長くやってらしたかとおもいます。

 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年10月30日(木)07時14分8秒
  お久しぶりです。
ここに投稿している写真は 全て懐かしく 心地よい昭和の匂いがします。
私の実家は鉄道病院前の角(歩道橋)に昭和28年の水害を期に少し小高い所で そこには
水が来なかったという理由で建てられましたが 私がその後産まれ物心ついた頃には 隣には未だ何も建っておらず
ルンペンの一家が住んでいました。
その方達が 鉄道病院が建てられる前に住んでいたという 浮浪者の家族なのでしょうか???

高田公団が小学校だった頃に栄えていた 文房具屋さんでしょうか、もう既に 高田公団があった頃に
よく西野の野菜屋さんの斜め前辺りにあった その文房具屋さんへ 画用紙を買いに行った事があります。
ちょっと 小高い土間になっていて 陳列の(古い木の)中に色とりどりの画用紙がきちんと整頓されて
並んでいました。 そこには髪の毛を結った 着物姿に下駄の初老の無口な女性がいました。
子供心に ここは寂れたお店だなーと思っていましたが、結構私はませたガキだったのか その古い香りと
そこのおばちゃんが好きで、小さな物をちょくちょく買いに行ったものです。
そこが今田さんなのかな??

我が家にはいつも犬を飼っていて それが小さな庭から脱走し 父は歩いて一升瓶の酒をもって行っては
犬を連れ戻していました。 それが競輪場だったんですね。 うる覚えですが いつも上の方へ歩いて行ってたような気がします。 昔のパズルが少しずつ出来あがっていくような 何とも説明のしようのない気持ちです。

皆さん色々な情報ありがとうございます。
 

思い出のスーパーレディオクラッシュ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年10月13日(月)18時20分54秒
  台風でどこにも行けず部屋の整理をしていたら、「大売出し・戸ノ上市場の歌」が放送されていた二十数年前のFM福岡の番組「スーパーレディオクラッシュ」とビデオが出てきたので、懐かしさのあまり、ユーチューブにアップしました。
下記アドレスです。

https://www.youtube.com/watch?v=h2EWteOd_xw&feature=youtu.be
 

お正月を写そう♪

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年10月10日(金)15時37分27秒
  ■帯田町さんへ
昨日、港中学元校長先生が昭和30年代の大里の地図を持ってきてくれました。
家が一軒一軒分かる詳細なものです。
それを見て、今まで分からなかった写真の場所が特定できました。
やはり、現大里図書館と体育館の間の車道には川が流れていたんですね。
短い距離で、現JR病院駐車場から高田公団、そして不老通りへと折れています。
その先生が高田町時代の柳小学校生徒だった頃、その海側にあった電気屋さんでラジオの部品を買って組み立てていたそうです。
文房具屋さんは「今田」など2軒あったそうですね。

■今昔物語さんへ
「はごろもわた」の写真、ありがとうございます。
「フジカラー」の看板を見ると、「ハバーナイスディオーオー」「色っぽいということはええことなんよー」と口ずさんでしまいます。
 

はごろもわた

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年10月 9日(木)22時38分33秒
  「はごろもわた」の看板は昭和30年代門司駅の近くや
手向山トンネル付近の海岸の民家で見たような気がします。
駅前の写真Upします。
 

羽衣わた

 投稿者:帯田町  投稿日:2014年10月 9日(木)20時48分36秒
  ■歌う果物屋さんへ

「はごろもわた」の広告写真ありがとうございます。

ふ~ん。大里の地場産業だったんですね。

旅行にいくと、カクイわたの藍地に白抜きの看板広告
はよく田んぼに立ってましたが、羽衣わたはどこにも
みかけないのが不思議だったのですが、その理由がわ
かりました。

 

お好み焼き屋「モンキー」

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年10月 8日(水)17時30分46秒
  ■帯田町さんへ
柳小学校の情報、ありがとうございます。
その海側、交番辺りにも藪の山があったと聞いていますので、それが下の藪なのかも知れませんね。
少し、調べてみます。

買い物にこられた元港中学の校長先生の話では、柳小学校下あたりには「つつじ公園」があったということです。

それから今日は来店されたお客さんは、元中山材木店の前の並びの山側角、元まき酒店の前で「モンキー」というお好み焼きの店されていたそうです。
当時としては珍しく、一銭洋食ではなく、大阪風お好み焼きだったそうです。

それから、JR病院のところにあった防空壕には、戦後しばらく独身の若い女性が暮らしていたそうです。
ホームレスのような方で、門司駅前でよく見かけていたということです。
 

上ノ藪

 投稿者:帯田町  投稿日:2014年10月 7日(火)21時16分27秒
  先日押入れのなかを整理していたら、書類に柳小学校の
住所が書いてありました。

門司区大里上ノ藪5381

というのが、正式の住所のようです。

昭和43年ころの町名改正で不老町になる前は、この町名
だったようです。

以前、柳小あたりは「藪の中」という町名だったと人か
ら聞きましたが、正式には「上ノ藪」なんですね。

いずれにしても、山のふもとの竹藪、という由来でしょう。

帯田町という名称がなくなったのも、昭和43年ころの改正で
した。高田町と柳町が増えて、何となく味気なく感じました
よね。

 

ウサギ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年10月 6日(月)22時12分43秒
  ■よろづや果物店さんへ
たぶん、茶色の犬のことだと思います。
子供頃は、けっこう見かけた気がします。
犬取りの話なのですが、門司市の職員だった方にお伺いすると、大森公園と競輪場の上に集められていたそうです。
間違って捕獲された犬は、飼い主がお金を払って引き取っていたと言うことです。
「猫食」なんてあったのかなー、と思い浮かべていたら、昔は美味しいラーメン屋さんがあると、「猫の頭で出汁をとっている」なんて噂が流れていましたね。
一時、ウサギを飼うのが流行っていましたが、あれは単なるペットとしてなんですかね。

>お店があるという事は その町や区域といつもつながっていていいですよね
先日、元港中学の校長先生から自費出版された本を頂きました。
家系に関するもので、1545年にその姓が誕生したそうです。
僕の友人の家系探索にも参加したことがありますが、知らない町の、小さな歴史まで分かって、楽しいものです。
時間にゆとりができたら、そんな自分史探しもいいですね。
今年のミス門司さんも、当店の昭和の大里の写真をいつまでも眺めていました。
昭和30・40年代のファンだということです。

>日本を離れたのが第二次世界大戦前
いいですね。
その時代の生活話、もしよろしければ、この掲示板にもアップしてください。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年10月 5日(日)14時32分59秒
  歌う果物屋さん:
犬を食べていたとは知りませんでした。 赤犬というのが分からないのですが
その昔 スピッツ犬が流行る前、捨て犬のように
町に居た あの四つ目とか言われた犬の事なんでしょうか??

お店があるという事は その町や区域といつもつながっていていいですよね。
よろづやがあった頃 里帰りをしては母の店を手伝っていましたが 外を足早に歩く顔見知りの方がいるとお元気にしてるんだなーと思ったものです。
今、改めてそれが幸せだったんだなと感じます。

私は今 サンフランシスコでご老人とかかわり合うお仕事をしております。
皆さん100歳近い高年で 日本を離れたのが第二次世界大戦前。
言葉遣いや 考え方が 昔の日本にタイムスリップした方がほとんどです。
日本人であるがために強制キャンプに送られたりしています。 どの国においても 昔の人は苦労しているし
我慢強い方がおおいなーと感じながら 彼らのお話を聞いています。
 

明日天気になーれ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 9月25日(木)22時42分25秒
  ■よろづや果物店さんへ
当店のお客さんの平均年齢は70歳前後だと思います。
そのお客さんに昔話をすると、身の回りの出来事を楽しそうに話してくれます。
僕も、本やインターネットでは知りえない話に、夢中で耳を傾けます。
お一人、お一人が、僕にとって貴重な郷土史本です。
先日は、大里でも犬食はあったという話をしてくれました。
赤犬が食べられていたようです。
その話から、いろんなことが分かってきました。
店をやってるメリットです。
そうそう、先週の土曜日に、「この掲示板を楽しみにしています」と言う、戸ノ上中学卒業で、兵庫県にお住まいの方が来店されました。
僕より、2学年上の方です。
店があるからこそ、気軽に尋ねて来られるんですね。
嬉しかったです。

■今昔物語さんへ
馬乗りの写真、ありがとうございます。
子供達が下駄を履いてますよね。
1970年代になると、若者が、ジーパンに下駄を履いてました。
「裏が雨」「横が曇り」の下駄の天気予報もしていました。

妹が中学時代に使っていたノートを見せてくれました。
僕の歌や、他のアマチュアやプロの歌をギターコード譜付きで書き込みしています。
高石友也がURCレーベルで出した反戦歌の「ベトナムの空」や、門司の伝説バンド「田々夢詩」の歌などがありました。
 

後楽町アパート

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年 9月25日(木)12時45分32秒
  久しぶりに掲示板を開き皆様の懐かしい書き込みに
昭和30年代の大里を思い出し懐かしんでいます。

門司在住の友人から写真が送られて来たので
Upします。

1枚目:現在の後楽町アパートです
昭和30年代の記憶では一番左の店舗は酒屋さんで角打ちがあり
昼間から客が出入りして繁盛していたように思います。
中央に雑貨屋で野菜や駄菓子などが売られていました、その隣が
ラジオ、テレビ修理の電気屋さん、右から2番目大きなガラスが
はめられている店舗が床屋さんでした。
一番右の店舗が思い出せません、どなたかご存じの方お教えください。

2枚目:当時「馬乗り」と言っていたように思う遊びの写真です。
その他「陣取り」「釘さし」「ビー玉」など道路や広場、野原が
遊び場だったように思います。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年 9月23日(火)15時17分2秒
  歌う果物屋さんへ:
地方によって色々な歌詞があるんですね。
それにしても どこでこのような情報を入手してくるんですか??
歌う果物屋さんには いつも感心しています。
 

一列談判破裂して

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年 9月16日(火)22時15分59秒
  ■よろづや果物店さんへ
みやこ町「それを木の葉でちょいとかぶせ」
門司「それを木の葉でちょいと隠し」
宇佐「それを木の葉でうまさのさっさ」
ご年配の女性客に尋ねたのですが、最後の部分を覚えていない方が多かったです。
そのことに興味がわきました。
日露戦争を歌ったおじゃみの歌、手まり、縄跳び・・・それぞれの地方の歌詞が面白いですね。





 

あんたがたどこさ

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年 9月13日(土)11時51分7秒
  JASRAC No.原曲のコードなし
あんたがたどこさ

作詞:わらべうた
作曲:わらべうた
MIDI制作:滝野細道

あんたがたどこさ ひごさひごどこさ くまもとさくまもとどこさ
せんばさせんば山にはたぬきがおってさ それを りょうしがてっぽうでうってさ
にてさ やいてさくってさ それをこのはでちょっとかぶせ

あんたがたどこさひごさ ひごどこさくまもとさ くまもとどこさせんばさ
せんば川にはえびさがおってさ それを りょうしがあみさでとってさ
にてさ くってさうまさでさっさ

だそうです。
私は 最後まで歌った記憶がありません。
 

レンタル掲示板
/51