teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


懐かしい写真ありがとう

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 3月30日(月)15時51分46秒
  昭和37年頃の写真ありがとうございます。故郷(古里)に安らぎを求め何かを一人で
懐かしがしがっています。父が日糖に勤務いたので良く城山霊園にはよくいきました。
木臼も作り長らく我が家の家宝的な役割を果たしたものです。
私は”力持”の小さなお餅(破れ饅頭もあったかな)が大好きで帰省の折はよく行きました。
 
 

春です!!

 投稿者:今昔物語  投稿日:2015年 3月30日(月)14時52分53秒
  広島の方も桜が満開となり春を体で感じています。
門司在住の昭和44年頃までは近くの風師山がハゲ山だったので
戸ノ上山、矢筈山の山桜や大森公園、大久保貯水池(城山霊園)の
桜などを見ながら春を実感していたように思います。
近くの溜池で蛙の卵やドジョウ、アカハラなどを見つけていました。

3月に帰省して大里の町が変わっていて驚いていましたが戸ノ上山や
矢筈山などを眺め昔を思い出していました。
無くなってしました南校と昭和23年、37年頃の写真Upします
 

チャンラーでしたか

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 3月25日(水)10時38分34秒
  書き込みは続けさせて頂きますので宜しくお願いいたします。
ようやく秦野市も春めいて来ました。
 

明るい未来があった

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 3月24日(火)16時15分49秒
  ■丹沢さんへ
「チャンラン」は、以前書き込みしましたが不老町にあった食堂で出されていた「チャンラー」です。
その店名が分からなかったのですが、「みなと食堂」ではないようです。
でも、思い違いでも、そこから何かたどれるかも知れませんので、ご遠慮なく書き込みしてください。
情報、ありがとうございました。

■よろずや果物店さんへ
「学習」「科学」、そして「中一コース」などの新刊号の匂いも好きでした。
紐を解いて、付録を取り出すときのドキドキ感。
そういえば、今、小倉駅側の漫画ミュージアムで「マーガレット展」を催しています。

日曜日に帰省していた息子が「僕らの世代には楽しい未来がない」とぼやいていましたが、昭和30、40年代の少年達は、貧しい生活ながらも「やがてビルの間を車が飛び交うような」すごい未来社会の夢が描けていましたね。

写真は若戸大橋博覧際の会場です。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 3月18日(水)15時15分7秒
  私が柳小学校の時は 教科書は学校でいただいてました。 新しい紙の匂いがとても好きでした。
中大門のお餅やさんで 母はお正月のお餅を注文していました。
薄い木箱に入に入ってましたね。
同級生のお餅やさんでした。
とても懐かしいです。
 

訂正とお詫び

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 3月18日(水)14時39分25秒
  完全に勘違いをしていました。お詫びをいたします。
自信が無く書き込みをしてしまいました。

 

野原書店

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 3月17日(火)17時08分46秒
  ■丹沢さんへ
中大門の教科書専門の本屋さんですが、30年前に地図では「野原書店」となっていました。
それから「みなと食堂」なんですが、門司港ではなく大里の食堂でしょうか?

■今昔物語さんへ
いつも、写真、ありがとうございます。
大里東校区でしたら、上柳2区さんが書き込みしていた「中村書店」ではないでしょうか。
それとも、校区関係なく取扱店で買えていたんですかね。

■上柳2区さんへ
本屋さんの並びは郵便局ではなく、郵便ポストではないでしょうか。
耳鼻咽喉科の前の「中村書店」さんの店先にありました。

今日来られたお客さんは四年生のときに高田から新校舎の柳小学校に移られたそうです。
けど、五年生になると、また高田の校舎に戻って、六年生になると、またまた新校舎に移ったそうです。
教科書は「野原書店」さんで購入していたと言うことです。
初めての給食が「ぜんざい」だったそうです。
僕も、学年は違うのですが、そうだったような記憶があります。

それから、そのお客さんは女子商業に通っていたのですが、別院の朝日市場が火事になった時、女子商と鎮西の生徒さん達が荷を運び出すのを手伝ったそうです。
後日、感謝状が学校に送られてきたと話してくれました。
 

教科書

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 3月17日(火)00時45分2秒
   桜のつぼみはまだ固く閉じていますが、明日もあったかいようなのでいきなりある日パツと
開いていくのでしょうね。 うぐいすの声もそろそろ気にしています。

私が小学校(柳小)の時は、確か御所の先にあった書店に買いに行ったら、路地をはさんで
隣に案内されて、そこに教科書が並べてありました。 耳鼻咽喉科の前辺りでした。

本屋さんの並びに郵便局があったような気がしています。

新しい教科書は嬉しくて、ドキドキして丁寧にページをめくっていました。

陽気が春めいてくると、気持ちが解放されて心が弾んできますね。

 

懐かしい校舎

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 3月16日(月)16時04分31秒
  今昔物語さんへ
本館は新しい校舎に成っていますが、貴重な写真ありがとうございます。
少子高齢化と時代は変化しますが嬉しい情報ありがとうございました。

たしか(みなと食堂)と呼んでいたようでした。
 

花千里

 投稿者:今昔物語  投稿日:2015年 3月15日(日)17時12分38秒
  姉と2人の兄の小学校は小森江西小学校で校区変更で
私だけが大里東小学校だったので小学校の教科書を
名前は忘れましたが中大門の本屋さんで買っていました。
中学校は兄弟皆が戸ノ上中学校だったのでカバンや教科書は
兄弟のお古、制服も兄のお古でした。
教科書の改訂があった時は中大門の本屋で買っていました。

母の7回忌の法要で時間があったので久ぶりに大里の街を探索しました。
中大門やみずき通り、戸ノ上市場、門司駅周辺など随分変わっていましたが
柳町商店街の松原果物店の周辺は昔の面影を残しているように感じました。

南校(門司商業高校)の跡地に新しい建物の工事をしていました。
また、思い出の建物が1つ消えていて時の流れを実感しました。

昼食に花千里でビルマうどんを食べ、懐かしい味に出会いました。
カレーうどんとは違った、子供の頃に食べた懐かしい味に出会い
子供の頃を思い出しながら食べました!!!
次回はチャンランを食べに行こうと思っています。
花千里の女将さんからは門司港の清美食堂を教えて頂きました。
別のお店があれば教えてください!!!!


大里を離れた頃(昭和44)と今の南校今回食べたビルマうどんの
写真Upします。

 

春めいて来ました

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 3月15日(日)15時51分30秒
  カメラは持参しませんでしたが、関東はすっかり春めいて来ました。
今年も桜祭りが、四月4、5日と土曜、日曜日に開催されそうです。

私の時代は柳西中学校でしたが、中大門町の確か木村本屋さんで購入していました。
 

お餅屋さんのお孫さん来店

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 3月15日(日)07時21分42秒
  昨日は中大門商店街でお餅屋さんをされていた方のお孫さんがご来店、40年前の門司駅前周辺の様子を伺いました。
「教科書は商店街の本屋さんで買っていた」と言う話に、みやこ町で育った家内が「学校で購入していたんじゃないんですか」と首をかしげていました。
僕は記憶がない。
少なくとも、同じ柳校区だったんですが、中大門のその店で購入したことはないと思います。
戸ノ上通り側の生徒は、どこで買っていたのかな・・・。
それから「スーパー丸和が開店した時、確か笑福亭仁鶴さんが来られていたと思うんですが」と話されていました。
当時、桂三枝さんと共に売り出し中の落語家さんです。
丸和開店は何時だったんですかね。
記憶にないのは、僕が関西で下宿していたときだったんでしょうね。
昭和49年前後ですが。
45年までは、同級生がそこにあった社宅に住んでいました。
 

パチンコ屋さん場所訂正

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 2月27日(金)17時10分27秒
  ■上柳2区さんへ
お医者さんは福井歯科さんです。
後に、高田町に移転しました。

今日は、元材木屋さんに話を聞きました。
「かどやさん」のことは覚えてなかったのですが、戸ノ上通りの元石田茶碗屋さんと元大和薬局さんの間にあったうどん屋さんの話をしてくれました。
それから、パチンコ屋さんですが、現在の山田屋鮮魚店さんのところにあったそうです。
その当時は穴に入ると玉ではなくコインが出てきて、それを玉に換えていたそうです。
その材木屋さん、戦中はのこぎりの溝を防空壕代わり使用していて、近所の方も避難されていたようです。
戦後まもなく漏電で全焼、当店前の並びの長屋一帯も燃えてしまったそうです。
その方が子供の頃は、松原の海で「タイラギ」や「ウナギ」を獲って遊んでいました。
大里バス停前にあった元紳士服屋さんとは知り合いで「あそこのご主人が大里では始めて月賦販売して儲けたんだよ」と話してくれました。
たいこ屋さんも、うどんとか売る前は大学芋を販売していたそうです。

写真は、小倉井筒屋屋上です。
 

(無題)

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 2月25日(水)15時24分7秒
  共楽座と言ってたんですね。 楽屋が見えてたという裏路地の方に入って右角にお医者さんが
あったような気がします。黒っぽいイメージがあるので、多分黒塗りの板塀か、樹木に囲まれて
いたんじゃないかなと思っていますが・・・。(御所神社の方に曲がる角)

 かどやさんは、厚意でソーセージを入れてくれていた、小学校時の思い出のうどん屋さん
です。 今思い返してみたら、母のうどんだしは多分イリコ出しで、お店のはカツオとか
昆布だしで、色も醤油の色が薄くて京風なところの違いがあり、その味にはまっていました。

森理髪店には同学年の女の子がいて、いつもきれいに切り揃えたおかっぱヘアーでした。
 

昭和30年の当店場所

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 2月25日(水)14時06分50秒
  ■上柳2区さんへ
柳御所の横の劇場・共楽座ですが、昨日ご来店下さった大里高校一期生の方から、「裏路地から楽屋が見えてたよ」と伺いました。

■丹沢さんへ
門司港駅の写真、ありがとうございます。
鉄道ができた当時は、徳山から門司港まで連絡線で渡していたんですね。

大里高校一期生の方は、フェイスブックで大里高校のホームページを運営しています。
その方のご両親は当店前の元婦人服店の場所で「かどや」と言ううどん屋さんを経営していました。
当時は、その前がタバコ屋さん、その隣が下駄屋さん、その隣の隣が森理髪店(現当店)、文具屋さん、立野写真館(その後はパチンコ屋さん)だったそうです。
その通りを、小倉側に歩いて2町行ったところに「シャボン玉石鹸」の社長宅がありました。
また、貸本屋・日昭堂さん裏道には「切り焼き芋屋さん」があったそうです。

下は、その方が運営している大里高校のホームページにあった写真です。
理髪店が現在の当店で、横が文具屋さんです。
たぶん、昭和30年頃だと思います。

それから、閉店した当店前の婦人服屋さん(元うどんのかどやさん)の場所に「焼肉屋」さんが入る予定です。
 

なつかしい写真を・・・

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 2月25日(水)09時08分10秒
  家路を急ぐ人、観光のの人理由はいろいろですが門司港駅を使用されています。



関門橋も観光の名所門司区役所から見た画像です。
 

8.1から初めて投稿

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 2月23日(月)14時49分15秒
  歌う果物屋さんへ、上柳二区さんへ、皆さんへ

歌う果物屋さんのホームページから検索して久しぶりの投稿です。

丸正家具店、貝割りや草相撲、ハンカチ落とし、駄菓子屋さん、貸し本屋さん、
たこ焼き屋さん、餅まきも、何れも懐かしく読ませていただきました。
最近は餅まきが無くなり淋しい限りです。
果物屋さんの新しいページやら、奥様のページ等久しぶりの嬉しさでした。


 

丸正家具店になる前

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 2月 8日(日)01時09分39秒
   芝居小屋の時観に連れて行って貰った思い出がありますが、かすかにしか記憶にありません。

餅まきもよくありましたね。 節分の時も豆とお金をまくので、電気を消したなかで、必死に

探った思い出もあります。 楽しくて、キャツキャツと笑いながらの当時を今思い出して

います。 
 

餅まき

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 2月 7日(土)14時35分39秒
  ■上柳2区さんへ
貝割りや草相撲、ハンカチ落とし・・・遊ぶのにお金はかからなかったですね。
主な出費は、駄菓子屋さんか貸し本屋さん。
それに、たこ焼き屋さんでした。
餅まきも、よくやっていましたね。
お金も入ってて夢中になって拾っていました。
丸正家具のときが景気良かった記憶が記憶があります。
あと、戸ノ上通りのパチンコさんの上棟式のとき。
アイドル歌手のH・Sが来るのではないかと噂が流れました。
 

パチンコ台

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 2月 3日(火)00時16分54秒
   小学生の頃、父が買ってきた(本物)ので家の中でハマってました。

夢中で弾いていた楽しい思い出です。 家の廊下で鞠付きをしたり、近所の

友達と家の中でかくれんぼをしたり、原っぱの草を結んで引っ掛けて遊んだり、

運動会ごっこ(かけっこ)をしたり、ゴムとびはバンザイの位置まで引っ掛けずに

跳ぶのに夢中になり、お手玉、おはじき、パッチン、ビー玉を穴に入れたり弾いたり、

缶蹴り、馬跳び、女の子も男の子も小学校までは一緒に、ごはんよ~と呼ばれるまで

まだまだいろんな遊びがあったけど、あの頃ホント楽しかった~。
 

パチンコ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 2月 2日(月)23時11分41秒
編集済
  ■上柳2区さんへ
僕はまったく覚えがないんですがS田洋品店さんが覚えていました。
たぶん、僕は小学生だったから見ているはずですよね。
記憶をたどってみます。

先日書いた還暦同窓会の時に、昭和の町で同窓生達が玩具のパチンコに興じていました。
親指ではじくパチンコです。
40年前に、明石のパチンコさんに入ると、その形式でした。
左手で玉を入れて右手で弾く。
しかも立ってしていたんですね。
その頃の交換品は歯ブラシだったけど、今はなんでしょうね?
「開け、開け、チューリップー」なんて歌が流行っていた、その少し前の時代です。

 

マルクのパン屋さん

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 1月30日(金)23時11分44秒
   高校の友人のお母さんがマルクのパンを、赤い四角の箱にパンを入れてリヤカー

だったかな、歩きで大里のいろんなところを廻って商売してました。

パンを入れる専用のリヤカーで、小さなものでした。

ロバのパン屋さんは今でもあのメロディーを流しながら、時々まわってきますよ。

 

柳西中学還暦クラス会

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 1月30日(金)22時30分39秒
  ■上柳2区さんへ
柳西中学校の校名の由来は知りませんでした。
ありがとうございます。
目黒のパンは現在の中大門・一番館の前辺りにあったと聞いています。
僕は、とみやまストアーの前にあったと記憶しているのですが・・・
マルクのパンは萩ケ丘公園の下です。

■よろずや果物店さんへ
木造の工場で、入ったところに棚があって、そこで購入することができました。

日曜日に柳西中学校のクラス会を宇佐の簡保でしました。
担任はM先生でした。
当時、校内で空手着姿でいたのですが、「空手部とかなかったのに、何で着てたんですか?」と尋ねると、「かっこつけてたんだ」と真っ正直なご返事を頂きました。
写真は、同窓会場と、宴会の始まる前に見学した昭和の町です。


 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 1月30日(金)17時08分36秒
  両親の店は 果物屋だったのですが マルクのパンも店に置いてました。
小学校の低学年の時に パン工場へ行ったことがあります。
長い平屋だった記憶があります。
私が行った時はマルクのパン屋でした。
そういえば昔、パンを食べたお客さんが食中毒になり
パン工場が閉鎖された事があったそうです。
マルクのパンを売っていただけなのに お客さんから文句を言われたと
母が昔言ってたのを思い出しました。

柳西中学の由来は 学生の皆さんで決められたんですね。
柳の御所の西にあるからかな??とか もっと歴史的な背景があるのかと思ってました。


 

柳西中学校

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 1月29日(木)23時59分45秒
   昭和11年生まれの方と少し話をしたのですが、その中で柳西中学校の名前を、

その学年で考えてみようと先生から言われ、色々候補があったけど、西門司と柳小学校

が統合されるので、柳西中学校になったと教えてくれました。

その後、西門司小学校には緑ケ丘中学校が創立されましたね。

 日の丸幼稚園の後ろにあったパン工場はマルクのパンと思っていたのですが、その方は

目黒のパンと言います。 目黒のパンも知っているのですが、どこだったか思い出せません。

目黒のパンとマルクのパンは一緒なのかな?  その方は、中大門に住まわれていたそうです。
 

菊人形展

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 1月21日(水)15時28分46秒
  ■今昔物語さんへ
めかり水族館の写真、ありがとうございます。
その時の菊人形展の写真も見つかりましたのでアップします。

最近、図書館に置いてある「大里・あの頃」を借りた言う方の来店が増えています。
昨日は、Iさんが来店され「僕は戸ノ上中学の2期生で野球部でショートを守っていました。それから小倉高校に入学、甲子園に出場したんですよ。戸ノ上のタバコ店からスポーツ用品店の前の道なんですが、戦前はなかったですね」と話してくれました。
 

和布刈

 投稿者:今昔物語  投稿日:2015年 1月18日(日)19時30分22秒
  メカリ水族館の写真懐かしく拝見しました。
門司にいた時は「和布刈」を普通にメカリと呼んでいましたが
広島にきて「和布刈」の読みを説明するのに苦労しました。
やはり地方独自の呼び名だったのですが調べてみると
由緒正しい呼び名だと広島にきて初めて解りました。

昭和29年下関の火の山ロープウエーが出来る前の写真と
門司のロープーウエーの写真、門司水族館の写真Upします。
 

メカリ水族館

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 1月15日(木)17時12分0秒
  子供が小さい頃、小森江の貯水場で段ボールの草スキーをさせていたのですが、その下の公園に小さなトンネルがありました。
先日、小森江出身のお客さんから「あのトンネルは貯水池の真ん中にある塔につながっているのよ」と教えて頂きました。
その方が小学生の頃、その中で遊んでいたそうです。

門司港にあった「メカリ水族館」の写真が見つかりましたので、アップします。
 

光る骸骨

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 1月 5日(月)21時49分2秒
  ■今昔物語さんへ
X線眼鏡の写真、ありがとうございます。
一昨日、北九州美術館別館「ウルトラマン展」行ったついでに小倉の町を撮ってきたのですが、整骨院の骸骨の飾りを見ながら、石川の駄菓子屋さんにも小さいのをぶら下げて売っていたなーと、思い出していました。
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:今昔物語  投稿日:2015年 1月 4日(日)10時12分39秒
  今年も皆様の書き込みを拝見して昔の大里を思い出し懐かしむことを
楽しみにしています。
本年もよろしくお願いします。

昔大里に住んでいた時の初詣は戸ノ上神社か淡島神社に行っていました。
たくさんの露店を見ながらお参りの帰りに買うものを探していました。

以前投稿したX線眼鏡と同様の物の写真を見つけたので投稿します。
写真のように鳥の羽が貼り付けてあり、それが透けて二重に見えて
それが骨のように見えるというものでした。
蛍光灯などに手をかざしてみると画像のように見えます。
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 1月 1日(木)12時08分20秒
  旧年中は、たくさんの情報を書き込みして下さり、ありがとうございました。
本年もまた、門司のいろんな思い出達と出会うのを楽しみにしています。
                             歌う果物屋
 

学級委員になると

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年12月31日(水)21時08分15秒
  ■今昔物語さんへ
地図、ありがとうございます。
1920年の地図には、現岡野バルブの場所に「文」と書かれています。
柳小学校が、そこにあった時代です。
高田町のところも「文」と書かれていますが、校舎が建っていません。
移る直前なんでしょうね。

下の写真は、お客さんが持ち込まれた「認定書」みたいなものですが、ある方が、「級長になった時も、同じようなものを頂いた」といわれました。
僕らの時代も、級長になるとそんな辞令みたいなものを貰っていたのですかね。
なったことがないので、分からないのですが・・・

 

大里駅

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年12月28日(日)20時25分6秒
  掲示板を見ながら昔の大里を懐かしんでいます。
昔は師走の頃には大里の町の商店街は人で溢れていたように思います。
1920年と1930年の柳町周辺の国土地理院の地図を入手したのでUpします。
上段が1920年下段が1930年です。門司駅はなく大里駅が記されています。
 

旧豊津高校の学食

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年12月23日(火)19時23分54秒
  ■上柳2区さんへ
門司駅前の「ルポ」は知り合いの方が経営していました。
後に、カラオケ屋さんになったと思います。
喫茶店以前は、土産物屋さんでした。
中大門商店街といえば「JUN」、そして柳町商店街の「角」。
その近くの2階にあった「パイン」。
初めてタバスコなるものを食して、口から火を吹いたことは記憶に焼きついています。
先週、僕も還暦になりましたので初めて新門司の「老人福祉センター」に入館しました。
受付で歳を証明するものがいるだろうと運転免許書を手にしていたのですが、顔を見るなり「どうぞ」といわれたのがショックでした。
入館料は200円でお風呂に入れて、広間で食事もでき、図書室で読書もできるので、これからちょくちょく行こうと思っています。
新門司地区の昔の写真も多数掲示していて、楽しかったです。
昼食は食堂があってカツどんを注文したのですが、箸と一緒にサジが付いていました。
その話を家内にすると「豊津高校の学食のカツどんはサジで食べていたから違和感なし」と言うことでした。
 

(無題)

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年12月22日(月)13時56分56秒
     歌う果物屋さん

 バー・25時は、そんな名前のお店があったなあと思うのですが、どこにあったかてんで
思い浮かびません。 喫茶・ギロもさっぱり思い出せません。
喫茶店は駅近辺で、プランタン、シェゼル、アーケードの書店2階にあった(名前は忘れた)
カクテルを出してくれる喫茶、そしてどうしてもあったような気がしてる、樋田酒店の前にあった
店に入るとサイドの階段を上がって行く造りの店、最後の店は私の中でも幻。
後は、私が利用してなかったので、思い出せません。
コックドールには先輩によく連れて行ってもらいましたがそこはレストランですもんね。

あっ、シェゼルは喫茶店がその隣にもあった気がします。
 

喫茶・ギロ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年12月15日(月)17時15分17秒
  ■上柳2区さんへ
東條歯科さんの隣に「バー・25時」「喫茶・ギロ」があったそうですね。

今日は、80才になられる大里東小学校と南高校出身の方が買い物に来られ、昔の話をされました。
戦後の大里東小学校の校庭には焼夷弾の残骸が積まれていて、子供達はそれに付着していた樹脂をガム代わりに舐めていたということです。

写真は先日、お客さんが持ってきてくれた、その方のお母さんの遺品です。
 

中央市場内

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年12月11日(木)18時52分41秒
   不老通りの入口に、果物やじゃがいも玉ねぎをちょっとだけ置いていて、誰もいないので
どうなってるんだろうと思っていましたが、中に入ると肉屋さんがあると知ってびっくり。
中をのぞいてみたかったのですが、閉まった店がほとんどなので入れないかと思っていました。

中大門とアーケイド横の歯医者さんの写真、有難うございます。
中大門の歯医者さんは右横の階段を上がって2階でした。

小5の時坂道を自転車で颯爽とというか、無謀にも下った時後に乗せた弟の重みで、カーブを
曲がりきれず転けてしまいました。 前歯が米粒のように欠けてしまいました。
弟はひたすら笑っていたと記憶しています。
痛かったけど、弟が無事なので安堵した思い出です。
 

狭い市場の通路

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年12月10日(水)22時10分14秒
  ■上柳2区さんへ
柳市場2階の歯医者さんは「徳永」さんだったと思います。
普通の部屋で、隣が居間でした。
看板はなく、普通のドアでした。
中大門とアーケード横の二つの歯科医院の写真をアップします。

■よろづや果物店さんへ
中に野菜屋さんとお肉屋が残っていて、通路の丸いイスに店のおばちゃんが腰掛けていました。
本来なら、売り出し期間中で、お客さんが絶えなかったでしょうが・・・。

今日は、「あんたがたどこさ」の最後の部分をお客さんから教えていただきました。
その方たちは「うまさのさっさ」「おかぶせ」と歌っていたそうです。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年12月 4日(木)17時58分4秒
  歌う果物屋さん:

中央市場の写真 ビックリしました。
中はこんな風になってしまったんですね。
寂しい限りです。
 

歯医者さん

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年12月 1日(月)23時08分12秒
     歌う果物屋さん

 戸ノ上通りからとみやまの通りに入り、肉屋さんと洋品店の間位だと記憶してるけど
そこの歯医者さんへ行っていました。 歯医者さんは行くのがどうも苦手でした。
歯医者さんといえば、アーケイドの入口にもありましたね。 お下げが可愛い同級生
がそこのお嬢さんでした。 市場界隈は昔と随分入れ替わりましたが懐かしい所です。
 中央市場、柳市場、戸ノ上市場、そしてエザキの方までうろうろしましたが、どこも
変わっていて、ここは昔なんだったかなとふと立ち止まることもありますが、懐かしむ
時間を楽しんでいます。 そうそう、別院通りの市場も懐かしいですね。

 

柳市場は僕らの遊び場

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年12月 1日(月)15時46分19秒
編集済
  ■上柳2区さんへ
柳市場の一階の貸し本屋さんは、うーーん、記憶にないですね。
二階には、老夫婦の歯医者さんがあって、僕は常客でした。
「お前はいつも、柳市場の二階の広場で、雨の日に裸で遊んでたんで、風邪をひきゃせんかと心配やったぞ」
治療に行くたびに言われてました。
広場に垂直に備え付けてあった非常階段、手すり、屋上のお稲荷さん、踊り場、段ボールが積んであった山側のベランダ。
僕らの、遊び場でした。

下の写真は、門司ボールです。
 

(無題)

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年11月29日(土)16時23分10秒
     今昔物語さん


 JRは今だに汽車と言ってしまいます。 何年前か忘れましたが、昔新町の電車通りで
女の子が撥ねられた痛ましい事故がありましたよね。 今でも新町をバスで通過する時
思い出します。 長い間そのお宅の塀には目撃情報を尋ねる看板が貼ってありました。

   歌う果物屋さん

 甘陣の斜向かい位のところにも、貸本屋さんがあった気がしているのですが。
柳市場の1階です。 吉村のパン屋さんの所からとみやまのほうに曲がったところの
書店で(同級生がいます)、いつも月刊の少女雑誌や文学全集を買ってもらい、夢中で
読んでいました。 入口を挟んで反対側の野菜屋さんにも同級生がいました。

お祭りの時太鼓を叩く同級生にカッコイイな~と思ったものです。
 

松原・大丸青果店

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月29日(土)16時04分11秒
  ■今昔物語さんへ
写真、ありがとうございます。
吉谷薬局さんの前に「松原」「大丸」の果物屋さんが2店並んで、その横が和菓子「青柳」、「カメラのぎんれい」「いりこ屋」さん、一番端がサンドイッチでおなじみの吉村のパン屋さんでした。
現在は駐車場になっています。

今日、配達の途中に大里中央市場の中を撮ってきました
全部、板で覆われていて、賑わっていた頃の想像がてきませんでした。
 

転線作業

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年11月28日(金)18時07分59秒
  ♪歌う果物屋さんへ
柳町商店街の解説ありがとうございました。
吉谷薬局さんの筋を通って柳町銀天街のアーケードに入っていました。
当時は柳市場や戸ノ上市場、とみやま周辺、門司駅周辺は活気があり
各店舗を見ているだけでワクワクしていました。
理由は知りませんが当時卵は電灯にすかしてから売っていたように思います。

♪上柳2区さんへ
当時は西鉄を電車、国鉄を汽車と言っていたように思います。

葛葉と門司駅前の転線中の電車の写真と借り物ですが柳町商店街の写真Upします。

 

生田商店

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2014年11月27日(木)22時30分52秒
編集済
  ■今昔物語さんへ
切符の写真、ありがとうございます。
水クジなんですが「なめクジ」とか言ってたような・・・うーん、記憶が定かではありません。

■よろずや果物店さんへ
「はずれ」ではなく「スカ」って言葉が懐かしいです。
「あー、スカやった」と残念がったものです。
ガラポンの当選確率は企業秘密です。(笑)

■丹沢さんへ
「国際電気のナショナルは無難、ソニーは高機能だが壊れやすい」
ずっと、そう思っていました。

■上柳2区さんへ
西鉄電車ですが、大里の電停に折り返し線路があったんです。
不思議に思って、元運転手さんに尋ねたら「始発や最終便など、門司港まで行って折り返すと時間がかかるので、大里や葛葉で折り返していた」と教えてくれました。
大里や葛葉での乗客が多かったんですね。

写真は、友人が柳町商店街の吉谷薬局さんの筋を思い出して描いてくれたものです。
 

門司駅から

 投稿者:上柳2区  投稿日:2014年11月25日(火)00時14分41秒
   今昔物語さん

 門司駅の切符懐かしいです。 今は西鉄バスを利用することが多いですが、たまにJRを
利用します。 ニモカを利用するので切符を買うことが、少なくなりました。

子供の頃は、父と外出する時は国鉄、母と外出時は西鉄電車が多かったように思います。

小5年の頃初めて友達4人で担任の先生のお宅迄、国鉄で戸畑まで。 帰りは西鉄電車で
小倉で下車、それから歩きで朝日新聞社のあった砂津まで、遠いな~と思いながらその近くの
友達の親戚の家まで行き、後は西鉄電車で帰った思い出があります。
スタンドバイミーほどの冒険ではないけど、それに近い思い出です。
 

皆様へ

 投稿者:丹沢  投稿日:2014年11月23日(日)11時06分46秒
  いろいろな情報ありがとうございます。
国際電気だったかもしれませんが、いずれにしてもありがたい
情報ありがとうございます。

(歌う果物屋さん、今昔さん)へ
懐かしい、国鉄の切符、電車の切符の写真ありがとうございます。
本当に懐かしく見せていただきました。
 

ガランポン

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月23日(日)08時28分54秒
  歌う果物屋さん:

ちなみにガランポンは どのくらいの確率で 当たりが入っているんですか?
くじ運は 水クジ以来悪いもんで 当たりは 入ってないのでは??
っと勘違いしてしまいます。
 

(無題)

 投稿者:よろづや果物店  投稿日:2014年11月23日(日)08時25分8秒
  今昔物語さんへ:
スカしかなかったと思います。(笑)
私も当たった記憶がありません。

丹沢さんへ:

中央電気商会は、不老通り側の 正面入り口の向かって左側(今は黒船)にありました。
右が よろずや果物店そして その横が角になり横野理髪店 でした。

師走の商店街は しめ縄売りとかが路上に出て 活気がありました。


 

師走の商店街

 投稿者:今昔物語  投稿日:2014年11月22日(土)17時21分56秒
編集済
  書き込みを懐かしく拝見しています。

♪よろずや果物屋さんへ
水くじの説明、ありがとうございました!!
当時の記憶では紙が細長い(2Cmくらい×4から5Cmくらい)物もあり紙芝居では
自分の舌でなめていたように思います。
当時は「はずれ」しか引いた記憶がありません。当たりはあったのかな???

♪丹沢さんへ
懐かしい書き込みありがとうございます。当時柳町や永黒町、後楽町にも真空管などを
販売している電気屋さんがあり、当時テレビやラジオなどの電気製品を修理していました。
しかし、シャーシや真空管ソケット、チューナー用のバリアフルコンデンサーなどが無く
小倉の電気店で購入して「初歩のラジオ」などの雑誌を見ながら3球スーパーや
5球スーパーのラジオやアンプを作成し楽しんでいました。

♪歌う果物屋さんへ
昭和30年から40年代は大里の商店街で買い物をするときは人ごみの中を歩いていたように
思います。特に師走の商店街は人が多く迷子にならないように母の手をしっかりと握って
いたように思います。
別の町の写真ですが当時を思い出させる写真と門司駅の切符の写真Upします

 

レンタル掲示板
/51