teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


N山家兄妹そして弟たち

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 6月14日(日)23時05分1秒
     柳西流れ星さん

 昭和13年生まれの丹沢、私は23年生まれ、弟二人(26年1月と28年4月生まれ)。

26年生まれの弟はサッカー部、釣りとマラソン(今は走っていないようです)。

28年生まれの一番下の弟は剣道部、この弟が今だにサーフィンやスキーをしています。

弟と同学年でしたらすぐ下の弟が、私が中3の時1年生でしたよ。 早生まれなので

25年生まれの方と同学年になりますね。

私は全く知りませんでしたが、二人共かなりやんちゃだったみたいです。

大人になってそれを聞いても、え~?という感じで信じられませんでした。

きょうだいの中ではやっぱり私が力関係は上で強かったみたいですが、やはり

男兄弟は何かあると頼りになります。









 
 

Nのきょうだい

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2015年 6月14日(日)01時29分33秒
  上柳2区さま
丹沢さまは7,8歳先輩ですね。秦野工場には昭和47年頃、銅合金のことで訪ねたことがありました。まだ、いろいろなことお訊きしたかったですね。お二人の書き込みを読ませていただき、丹沢さんの弟にN山君(私と柳西同学年。通称にいやん)がいて、上柳2区さんは私達が3年時の1年生のようです。にいやんは噂では柳小の番長とのことで警戒してましたが、本人と校庭で会って話したとき、さっぱりして好い奴じゃないかと肩透かし食らった思い出です。残念ながら同じ組になるとか部活でも重なる機会はありませんでした。サーファーとは意外でした。掲示板を通して読んでみますと、丹沢さんは「自分なりによく生きた」とご満足であったのでは、と思えました。僭越ですが、ほんとうに御苦労さまでした。われら前に向かって歩んでいきます。
 

秦野での丹沢

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 6月11日(木)15時49分36秒
     柳西流れ星さん

 昭和41年、門司工場から妻子を残して門司駅からブルートレインで単身赴任。

寮での生活だったようです。 1979年、イタリア・トリノ社との技術輸出成約に伴い

1ヶ月海外に行ったそうです。 秦野工場のOB会にも(コベルコマテリアル銅管秦野工場

OB会)出席していたようで、何枚も写真を残しています。

大里の実家を弟にと本人が決めていたようで、(周りは知りませんでしたが)、丹沢の麓

富士山を眺めることのできる秦野を終の住処と決め、家を建て、畑を借りて収穫を楽しんだり

していましたが、大里への郷愁は募っていたようで、帰ってきては車で周り写真を撮りまくって

それをパソコンの中に収め、自分なりに楽しんでいたみたいです。

もしかして、柳西流れ星さんとは面識があるかも、ですね。

兄は私と10年違いの今年誕生日を迎えられていたら77歳でした。





 

丹沢さんを偲び

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2015年 6月10日(水)22時02分37秒
  宗太郎さん、歌う果物屋さん、話の流れに割り入ってすみません。
上柳2区さん、丹沢さんの赤十字病院とは10キロくらい離れた病院でした。門司ー秦野工場といえば神戸製鋼グループでしたか? 私の20代は神鋼でした。門司か長府工場に転勤したかったのですが違う事業部でしたから当時はまったく不可能でした。丹沢というハンドルネームが土地名ということを、もっと早く気付くべきでした。丹沢さんのような人たちが、命を削ってコツコツ働いていたのですね。視力も戻りつつありますので門司へ還ってみようかな。
 

丹沢麓で・・・

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 6月 9日(火)23時43分35秒
     柳西流れ星さん

 駅前のホテルの窓から富士山を眺めたとき、ああ兄も幾度となくこの富士山と

丹沢の山並みから癒しを得ていたのかと、何度もシャッターをきりました。

柳西流れ星さんも奇遇ながら、近くにいらっしゃったのですね。

兄は赤十字病院でした。 春まだ寒さが残っている時期は、水無川辺りをカメラを

持ち風景等をいつも撮っていたようです。 身体の調子を見ながら。

門司の工場から、新たに工場を作る際、立ち上げに一から関わって、定年まで頑張りました。

 退院されて良かったですね。 主人は手術してから1年になります。

仕事はお断りしたけどもう一年ということで、まだ頑張ってくれています。

 時間の流れが早く感じるこのごろですが、この掲示板の皆様との触れ合いから得る心の

中の時計は、昔の柱時計の振り子の様に、なんだかゆっくりと流れていくような気がします。

皆様もお身体を大切に、そして楽しんで行きましょうね。

  
 

丹沢さん・・・・

 投稿者:柳西流れ星  投稿日:2015年 6月 9日(火)22時05分26秒
  上柳2区 さま
海外援助に出ていまして途中に病を得、昨年末に帰国。ごぶさたすみません。正月から春まで神奈川県の丹沢麓のリハビリ病院におりました。今は退院しています。上柳さんはご主人がご病気と記されておられていましたが間違いでしたらお詫びいたします。また、丹沢さんのことには驚き残念でなりませんでした。ひょっとしたら1カ月ほど丹沢さんとは数キロ近くにいたかもしれません。今正月、歩行訓練途中で撮った丹沢山系とその隣の富士です。ご冥福祈ります。お大事に。
 

(無題)

 投稿者:宗大郎  投稿日:2015年 6月 9日(火)15時54分7秒
  〈歌う果物屋さん〉
学校新聞の拡大版ありがとうございます。
当時の豆記者さん、漫画家さん、あどけなくて健気でしたね。
М先生へのインタビューもありました。Y先生の担任クラスの
特質も書かれてありました。「全然おもしろくないところが
なかなか面白い」という海水浴での注意喚起をテーマとした
漫画もありました。も一度あの頃に戻ってみたいです。
3年生になると、ガリ版から活字に変わったんでしたっけね?
なお、M、Yのご両人には、昨年の同期会でお会いしました。
(掲示板「柳西中1966」参照)
 

拡大しました

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 6月 6日(土)13時54分11秒
  ■宗大郎さんへ
新聞記事を拡大しました。
漫画は縦に長く、うまくアップできませんでしたので、最後の一こまとコメントのみ。
 

(無題)

 投稿者:宗大郎  投稿日:2015年 6月 5日(金)17時04分21秒
  〈歌う果物屋さん〉
昔の学校新聞、とても面白そうなのですが、果物屋さんの漫画や
記事がよく読み取れないのが残念です。
先日、ふらっとお邪魔した「喫茶とれいん」で、コーヒーを頂き
ました。マスターとお話するうちに、ボクの伯父のことや会社の
こと、幼馴染みのことなど、色々憶えてくれていて、嬉しくもあ
り、とても懐かしい思いがしました。昔行きつけの酒店の次男坊
さんだったとは、つゆ存じませんでした。
 

昭和44年柳西中学校新聞

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 6月 5日(金)14時17分40秒
  ■上柳2区さんへ
そうです、そうです、そう歌っていました。
ありがとうございます。
今月の終わりにライヴするので、歌の練習していたら、あの頃の歌を歌いたくなって「人生が二度あれば」なんて井上陽水の歌なども爪弾いていました。
すると、おかしさがこみ上げてきました。
「父は今年二月で・・・」と、僕らも、もう歌の主人公てはなく、年老いた両親なんですね。

同窓の元柳中学校新聞部О君から、当時の学校新聞が送られてきました。
 

さよなら三角

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 6月 4日(木)15時47分51秒
     さよなら三角

さよなら三角 また来て四角

四角は豆腐 豆腐は白い

白いはうさぎ うさぎは跳ねる

跳ねるはカエル カエルは青い

青いは柳 柳は揺れる

揺れるは幽霊 幽霊は消える

消えるは電気 電気は光る

光るはオヤジのハゲ頭

若干記憶違いがあるかも。 先日弟達と久方ぶりに遠方まで2泊3日したのですが

一人はロマンスグレー、もうひとりは頭頂が寂しくなっていましたので、そのうち

光ってくるんでしょうね。 時の流れをしみじみと感じた次第。


 皆様へ

霊峰富士山がくっきりと見る事ができる丹沢の懐に抱かれ、光となっていつでも

故郷の大里を心置きなく満喫できるようになった兄は、いついつまでもこの掲示板の

皆様方を応援していることでしょう。
 

楽しみな柳西中学校・学校新聞の漫画

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 6月 4日(木)13時46分40秒
  ■よろずや果物店さんへ
さよなら三角ですが、光るは親父の禿頭で終わったような気がします。
下は昭和44年度の北九州観光パンフレットに載っていたジェットコースターの写真です。
中央左端が乗り場で、上がって下った場所が前回のお客さんから頂いた写真に写っていたお堀に向かって突っ込むジェットコースターのレールです。
今でも、ガタンガタンとゆっくり上っていく音を思い出すと、緊張してしまいます。

■宗大郎さんへ
先週、定年して北九州に帰ってきた同窓と呑みました。
彼は、現在丸和の小倉側にあったかつき旅館の隣にすんでいました。
「岡田さん、有次さん・・・40年ぶりに歩いたけど、町はあまり変わっていないね」と話してくれました。
彼は、柳西中学時代、新聞部にいて、その学校新聞を持っているとのことで、今度、コピーしてくれるそうです。
それには、僕が描いた四こま漫画が載っています。
 

(無題)

 投稿者:宗大郎  投稿日:2015年 6月 3日(水)16時45分23秒
  丹沢さん、亡くなられたのですか。
この春には、お元気そうに 投稿されていましたのに。
これまで門司にまつわる色んな情報を教えていただきました。
ご冥福を心からお祈りします。ありがとう。 
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 6月 3日(水)16時10分53秒
  歌う果物屋さんへ:

跳ねるは カエルでしたっけ??
ところで このお城の前の写真ですが、多分 昭和30年代でしょうか??
とても懐かしいです。 中央市場の横の通りですよね。
活気がありましたね。

サーカスが若草パチンコの側にあったんですか。
志津の息子さんに メールで聞いてみます。
だんだん謎が解けてきますね。
 

さよなら三角、また来て四角

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 6月 2日(火)15時30分25秒
  さよなら三角、また来て四角、四角は豆腐、豆腐は白い、白いはウサギ、ウサギは跳ねる・・・
後、何でしたっけ?
白いは幽霊、幽霊は怖いって歌ってたような気もします。
 

丹沢さん、ありがとうございました

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 6月 1日(月)18時50分40秒
  ■よろず果物店さんへ
若草パチンコの芝居小屋なんですけど、その近くの広場で時々サーカスを催していたそうです。
それではないでしょうか?

■上柳2区さんへ
この掲示板、丹沢さんにはホントにお世話になりました。
ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 6月 1日(月)12時01分43秒
  上柳2区さんへ:
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 

丹沢

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 5月31日(日)20時46分16秒
     皆さまへ

 蛍の舞う大川べりを遊び場として育ち、思春期を戸の上山の麓で、テニスや機械いじりを

趣味として、後年無線のハムで全国に留まらず外国の方ともハム仲間として交友を育み、

(大村昆さんともハム仲間で、門司の和布刈でお会いしたそう)

転勤で遠方に住まいするようになってからは、帰省しては思い出の場所を色々と周り、

写真にとっては懐かしみながらそれを楽しみにしていました。

 又蛍の舞う季節になりましたが、昔の話や教えてもらう機会がとうとうなくなりました。

先日、訃報が届きました。 最後のお別れを済ませ帰ったばかりです。

亡くなる1週間前も弟たちと見舞いに行く事ができ会話ができ良かったです。

この掲示板を本当に楽しみにしていて、遠方に居ながら大里の諸々を知ることが出来

喜んでいましたので、成り代わりまして、有難う御座いました。

私はまだまだ楽しませていただきます。 今後もよろしくお願いしますね。





 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月23日(土)12時53分34秒
  歌う果物屋さんへ:
”焼き鳥志津” の写真ありがとうございました。
いや~~~~ めちゃくちゃ懐かしいです。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月22日(金)15時32分14秒
  歌う果物屋さんへ
ははは 志津の親父さんがサーカスをしていたかは 否ですが、
同級生の息子さんが言うには、幼い時に親戚の家へ行くと、
球乗りをしているおじさんがいたり 綱渡りをしてるおばさんがいたそうです。(笑)

柳町郵便局って?? ひょっとしたら戸の上通りの大里の電停近くにあった 小さな郵便局ですかね?
芝居小屋か~~。 あんなところにあったんですね。
両親が生きていれば色々なことが聞けたのに!! なんで昔のことをもっと話さなかったのかな?
っと悔やんでいます。
今度、門司に里帰りした時は 隣の柳生さんに色々と聞いてみます。
かなり昔の門司をご存知だと思います。

かすかな思い出ですが(多分、私が幼稚園の頃かそれ以前かも??)
若草パチンコの横の芝居小屋があったところに 旗がたくさん立っていて大きなマイクロバスが
横ずけしていた記憶があります。 あれは一体何だったんだろう??
っと昔を思い出しては不思議に思っていましたが もし芝居小屋だとしたら納得できます。
でも ちょっと時代が錯誤しているかもしれませんね。
 

サーカス小屋の少年

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 5月18日(月)17時02分17秒
  ■よろずや果物店さんへ
若草映画館の場所が芝居小屋とは知りませんでした。
少し、調べてみようと思います。
柳町郵便局の裏にも小さな芝居小屋があったんですよ。
その跡地は、М病院の先生がダンスホールにしていました。
僕が小学校の時には、空き地になって、そこでよく遊んでいました。

金丸サーカスの情報、ありがとうございます。
志津の親父さんが、そんな経歴の持ち主だったと吃驚しました。
あの店の、閉めに食べる雑炊がとても美味しかったのが思い出されます。
前田組のご家族の思い出話の中に、サーカスの話がありました。
「大里の町でサーカス小屋から逃げ出し泣いてる子供を保護し、トンビの内に隠して連れ帰った話を父からよく聞かされました」
なんだか、志津の親父さんとダブってしまいます。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月18日(月)16時31分48秒
  歌う果物屋さん:
昔の門司は 今と違い別世界ですね。
どの写真を見ても 活気が伝わってきます。

大正座かどうかはしりませんが 若草パチンコの横に映画館がありましたが その前は
芝居小屋だったと聞いています。 同級生のお母様が そこへよく芝居を観に行っていたそうです。

話は逸れますが、私の同級生のお父様が”焼き鳥志津”を営んでいたのですが、門司のサーカスの一座だったと言ってました。
金丸サーカス という名前だったそうですが、私は門司にサーカスが
あったのすら知りませんでした。
 

前田組

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 5月15日(金)22時30分21秒
  ■よろずや果物店さんへ
競輪場ができて、不老通りが整備される以前のことです。
「門司駅前」に移ったころ、大里の電停も門司港側に少し移った時期があったそうです。

その大里電停の現在グリーンマンションがある場所に昭和の初めまで「大正座」と言う劇場がありました。
鈴木商店とともに製糖会社、ビール会社、製粉会社を建てた前田組のご家族の方の手記に「下関の弁天座、門司の稲荷座、小倉の常盤座にお芝居を見に行った」とあるのですが、大正座が記されていません。
回り舞台もあった大きな劇場でしたが、ちよっと気になります。
どんな役者さんがきて、どういう興行をやっていたのか資料があれば良いのですが・・・。
その前田組のご家族の方は、戸ノ上神社の海側にお住まいでした。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月12日(火)15時47分13秒
  歌う果物屋さん:
こたつでマンガを読んでいる ちょっとした一瞬を撮られるくらいだから
本当に写真好きな義理のお父様だったんですね。
歌う果物屋さんの編集も流石だと思います。

不老公園の入り口が 野球場側だったとは知りませんでした。
野球場や競輪場ができる前の時代なのでしょうか?
 

不老公園前

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 5月12日(火)10時37分39秒
  ■よろずや果物店さんへ
投稿している写真は、当家のものか、友人やお客さんからお預かりしたものです。
義父が写真と旅行が趣味でして、遺品を整理していたらすごい枚数のフィルムが出てきました。
その中から、話題に合いそうなものチョイスしてアップしています。
前回のコタツで漫画を読んでいる少女は、半世紀前の家内です。

西鉄電車の運転手だった方に伺ったのですが、門司駅が現在の場所に移る前は「門司駅前」ではなく「不老公園前」と言う電停があったそうです。
現在よりも小倉よりのパチンコ屋さんの付近です。
そこが何故「不老公園前」かと言うと、公園の入り口は不老通りではなく、野球場の方でした。
午後4時から7時までは、そこには停まらず大里から原町まで行く急行がありました。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月11日(月)16時59分26秒
  歌う果物屋さんへ:
前から聞こうと思っていたのですか、投稿されている写真は歌う果物屋さんですか?
ちなみに 私もリボンから別冊マーガレットに夢中になりました。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月11日(月)16時55分54秒
  歌う果物屋さんへ:
魔法の鏡は 多分 ”魔法使いサリー” が流行っていた頃のだと思います。
宝石箱は自分で組み立てるのだってでしょうか? まず、付録を一通り見て、それから好きな連載のマンガを
読んでいました。

50年前の作文集がまだ健在とは すばらしいですね。
玉手箱のようですね。
タイムマシンで戻れるものなら あの当時食べていたものや 自分の作品など持って帰りたいです。
 

別冊マーガレット

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 5月10日(日)21時03分57秒
編集済
  ■よろずや果物店さんへ
家内に訊くと、宝石箱とか、魔法の鏡とかが、「りぼん」の付録にあったそうですね。

■帯田町さんへ
家内は、どちらの漫画も知りませんでした。
よろずや果物店さん同様、みんなで回し読みしていたそうで、「りぼん」よりは「別冊マーガレット」を読んでいたそうです。

今日は、僕らの小学生時代の作文集を読むことができました。
知人の作文があったので、コピーしてもらい、早速ファクスしました。
50年の年を経たご自身の作文に出会い、大感激しておりました。
東京オリンピックについての作品も多く、「遊び半分のような入場行進をする国がある中で、日本人選手の規則正しい歩みに感動した」とか「聖火リレーの時に縄を潜って選手のあとを追う沿道応援の一部の人たちの姿が恥ずかしい」とか当時の子供達の目が描かれていました。
 

りぼん

 投稿者:帯田町  投稿日:2015年 5月 8日(金)19時58分11秒
  「りぼ」ん、懐かしいですね。

今年は「りぼん」刊行60周年なので、これからいろいろイベントがあるそうです。
60年分の付録の総目録が、8月頃発売だそうです。「3代そろって読みましょう!」
みたいな広告が出ています。

「五年ひばり組」は当時人気がありましたね。わたしは、北島洋子先生の大ファン
でした。「スイート・ラーラ」、「オー・バーバラ」といっても、どれくらいの
人が覚えているのかわかりませんけどね・・・




 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月 8日(金)16時22分3秒
  歌う果物屋さん:
似合ってますねー。(笑)
ブラックジャックは単行本で読み漁りました。
リボンなつかしいです。 自分で買っていた頃は付録が楽しみでしたが
途中から 何人かの友達と回し読みをしました。
 

京都国際マンガミュージアム

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 5月 7日(木)22時43分45秒
  ■よろずや果物店さんへ
はははは・・・そうです、白い食べ物、いえ建物が鉄道病院です。

連休に、彦根と京都を旅行しました。
京都では国際マンガミュージアムで、探していた巴里夫「5年ひばり組」を発見、感激しました。
「りぼん」に掲載されていて、なんで男子の僕が読んでいたのか不思議ですが、当時の雰囲気が伝わってきて夢中で読みふけりました。
現在、企画イベントとして、手塚治虫の「ブラックジャック展」を催しています。
小倉にも同様のミュージアムがありますが、やはり京都の方が規模が大きいですね。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月 7日(木)20時37分47秒
  投稿した文章を読んで ビックリ。
大きな白い食べ物ーー>大きな白い建物 の間違いです。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月 7日(木)13時16分40秒
  歌う果物屋さん:
高田町の柳小学校の写真ですが 左上の 大きな白い食べ物は 鉄道病院でしょうか?
もしどうだったとしたら 中央市場に店を構える前の 私の実家にあった店が写っています。
タイムマシンに乗って昔に戻ったようです。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 5月 7日(木)12時05分19秒
  上柳2区 さん/歌う果物屋さん:
校歌の情報 ありがとうございました。
校歌がコロコロ変わるのは ちょっと寂しいのですがその時代に合わせた歌詞や
学校の場所が変わり心機一転という意味で そうなってしまったんでしょうね。
それにしても あかね雲~~の校歌が たった13年間のものだったとは知りませんでした。
ある意味 幻の校歌かもしれませんね。
 

薙刀踊り(団七踊り)

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 4月30日(木)16時09分23秒
編集済
  ■上柳2区さんへ
>薙刀の演舞があったのを覚えています。
薙刀踊りと言いますが、団七踊りです。
原町にお住まいの方が、豊前松江で見たものを真似たようです。
姉妹による敵討ちを題材にしています。
写真は柳小学校の運動会のアトラクション。

 

柳小学校校歌

 投稿者:上柳2区  投稿日:2015年 4月30日(木)00時21分7秒
     よろずや果物店さん

高田町の小学校から山手の新校舎に引越ししたのは、私が小5の時。

柳の御所の跡古く 名さえゆかしき 大里の地・・・・が校歌でした。

新校舎ができて

茜雲 匂う戸上 夕づく日 燃る玄海・・・・ となりました。

又新たに校歌ができたんでしょうね。

お兄さんは私と同期だから、両方とも知ってると思います。

   歌う果物屋さん

貴重な資料を沢山お持ちですね。

高田町の旧校舎懐かしいです。 何年生の頃だったか忘れましたが、校庭で

薙刀の演舞があったのを覚えています。

講堂で、よく映写会がありました。 戸の上神社でも夏の夜時代劇の映写会があり

うちわを片手に観に行きましたよ。
 

僕らの校歌は短命でした

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 4月29日(水)17時46分14秒
  ■よろずや果物店さんへ
柳生さんです。
お借りしたガラス写真は、近くの写真館の方が焼き付けてくれました。
僕の母校でもある柳小学校は、創立130余年になります。
「あかね雲ーー」の校歌は、柳町の新校舎を記念して作られたもので、13年ほどで「みどりこぼれるーー」の現在の校歌に変わっています。
写真は、高田町時代の柳小学校です。
よろずや果物店さんのお店も写っているんでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 4月29日(水)12時45分19秒
  歌うくだもの屋さん:小倉側に二軒目というと 柳生さんですね。
あの方は高田町界隈の地主さんなので 貴重な古い写真をお持ちだと思います。
生徒さん達の着物姿が印象的です。
私の母校は かなり昔からあった小学校なんですね。 知りませんでした。

あかね雲におう戸の上~~~。
とはじまる 校歌はいつくらいからのなんでしょうか?
まさか オリジナルじゃないですよね??
 

戦前の柳小学校運動会

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 4月23日(木)16時44分13秒
  ■よろずや果物店さんへ
お店があったところから海側は、今も変わってないんですね。
20年前に、よろずやさんの小倉側に二軒くらいの家のおじいちゃんから、大里の町を写した「ガラスフイルム」を貰いました。
その一枚をアップします。
戦前の大里尋常高等小学校(柳小学校)の運動会の写真です。
場所は高田なのですが、校舎はまだ、現在の岡野バルブにあった頃です。

■丹沢さんへ
リンク、ありがとうございます。
 

壊れても

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 4月21日(火)14時25分0秒
  力持ちの画像に感謝します。PCで見ると音楽も出てきます。のでご安心ください。

http://www.4.plala.or.jp

 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 4月19日(日)08時38分31秒
  今昔物語  さんへ
花火大会は私が中学生だったあたりまで
競輪場でやっていました。
鉄道病院すぐ下のお菓子屋をしていた実家では 花火大会のチケットを売っていました。
小学校の時は隣の岩井アパートの屋上で見ていました。 あの当時高いビルがあまりなくよく見えていました。
 

(無題)

 投稿者:よろずや果物店  投稿日:2015年 4月19日(日)08時31分29秒
  あの ”とみやま” が無くなってしまったんですね。
信じられません。 小学校の時に確か火事があり 野次馬でわざわざ
見に行きましたが、二階からもの凄い炎が上がっていたのを思い出します。
でも、新しい建物で営業するというのを聞いて なんとなく安心しました。


 

「とみやま」は思い出の1コマ

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 4月17日(金)17時20分47秒
  ■今昔物語さんへ
下関の航空写真、ありがとうございました。
「とみやま」ですが、現在解体作業中です。
現在は生活館の方で仮営業中ですが、11月には、新しい建物が完成しますので、そちらでまた営業します。
遠足の前日、「とみやま」はお菓子を買う同級生であふれていました。
 

海水浴

 投稿者:今昔物語  投稿日:2015年 4月15日(水)19時37分41秒
編集済
  ♪ 歌う果物屋さんへ
港まつりの写真ありがとうございます。
昭和30年当時を思い出しながら拝見しました。

門司在住の友人から「とみやま」を取り壊しているとの連絡がありました。
閉店したのでしょうか???

昭和30年後半は門司の周辺の海では大腸菌が多く
海水浴やキャンプは玄海灘方面や日本海方面に行っていました。
日本海方面では綾羅木や安岡、吉見駅を利用して吉母方面に行っていました。

昭和49年当時の航空写真Upします。
1枚目:綾羅木駅と海水浴場 2枚目:安岡駅と海水浴場 3枚目:吉見駅と吉母海水浴場
 

綾羅木の浜

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 4月14日(火)15時34分29秒
  ■今昔物語さんへ
市政便りの写真、ありがとうございました。
みなと祭りの写真、2枚、アップします。
上が門司港栄町、中が大里本町をパレードする芸者さん達です。

一番下の写真は、日曜日に綾羅木の清の最後の皇帝・愛新覚羅溥儀さんの弟である愛新覚羅溥傑さんの奥さんと娘さんが祭られている中山神社に行ったついでに撮ったものです。
海の家があった場所は住宅になり、その上をバイパス道路が通っていました。
高校時代、ここでキャンプをした思い出があります。
 

港まつり

 投稿者:今昔物語  投稿日:2015年 4月13日(月)15時15分3秒
  港まつりの時期が近づいていますね!!
昭和30年代門司港と大里でのパレードを思い出しています。
当時門司競輪場で花火大会をしていたように思いますが???

昭和39年と40年の市政だよりの記事をUpします。
 

門司港・三角公園

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 4月 9日(木)16時20分44秒
  お客さんが写真を持ってきてくれました。
僕より3学年上、門司港出身です。
写真は、栄町銀天街をめかり側に出たところにあった三角公園前。
現在、その公園はかもめホール駐車場になっています。
大きく引き伸ばして見ると公園内に小屋があるのですが、「あれ何だったけ」とご本人も覚えていません。
昭和30年前半の写真です。
 

昭和11年の大里柳小学校

 投稿者:歌う果物屋  投稿日:2015年 4月 7日(火)17時23分13秒
  ■丹沢さんへ
花便り、ありがとうございます。
僕は妹夫婦と萩ケ丘公園で夜、弁当をもってお花見しました。
少年時代、ここには鉄の綱渡りの遊具があって、よく滑ってお腹を打ってました。
でも、スリルがあって楽しかったですね。

■今昔物語さんへ
航空写真、ありがとうございます。
本町2丁目のラメール雅前、冷凍倉庫がある裏の溝のような小さな川。
その川が大里本町での柳校区と大里東校区の境だったんですね。

写真は昭和11年頃の、柳小学校の配置図です。

 

今日は全国的に暖かい!!

 投稿者:丹沢  投稿日:2015年 3月31日(火)17時22分55秒
  (今昔物語さんへ)
各地で花見の前兆でしたね。秦野市は4,5日(土曜日日曜日)がイベントが開催されます。
夜景も見られるのでしょうが、若ければ出かけるのですが止めときます残念ですが。
今日は先週行われたコスプレ祭りの一部です。

 

力餅

 投稿者:今昔物語  投稿日:2015年 3月30日(月)18時07分41秒
編集済
  ♪丹沢さんへ
力餅屋さんの写真ありがとうございます。
昭和30年代に力餅屋さんの近くに銭湯がありました。
小学4年生の時の女子の同級生(中川さん)の実家が経営していました。
当時同級生の銭湯とは知らずに父と行った時に番台におられ顔を合わせ
恥ずかしい思いをしたことを思い出しました。
今の黄金町と昭和36年頃の黄金町の写真Upします。
 

レンタル掲示板
/51