teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


届きました。

 投稿者:やつめ  投稿日:2003年 3月 7日(金)11時43分58秒
  昨日、商品届きました。いろいろと我儘言って申し訳ありませんでした。
御酒の感想はもう少々お待ちください。
また、黒龍のパンフなぞも送っていただき重ね重ね感謝です。
ふむふむ、未飲の物も結構ありました。餘波やつるかめなどは始めて知りました(笑)
”深酒のはてのあそびは越前の蟹の甲羅に酒を煮るべし”
もったいなっすね。逸品か・・贅沢に純米吟醸!!ならいけるでしょうか?
 
 

本日お電話、メールしたものです。

 投稿者:PHYSメール  投稿日:2003年 2月14日(金)18時09分39秒
  ワインの件で本日お電話、メールをさせていただきました。

私は日本酒、ワインをよくのみ、最高の趣味でもあります。
あまり興味がない方にはちょっと贅沢に感じられると思います。
一番のきっかけは美味しい日本酒に出会いそれがきっかけです。
黒龍、翁などは確かに人気がありますね。
ただ、そればかりを飲んで判断してもという気持ちもありますし、みんなに飲んでもらいたい、日本酒が好きな方をもっと増やしたいという気持ちもあります。

東京、千葉、静岡、山形の酒店と個人的によく今までお付き合いさせていただきました。
限定酒・・格好つけません。 正直本当は凄く美味しいのが多く好きです。
しかし、正直好みの問題で100人全ての人が美味しいというかというと疑問です。
いろいろ飲んでみて、もしくは他のかたのご意見を参考に選ぶのもいいのかも知れません。

人気というのもお酒が売れる非常に重要な要素で必要だと思います。
しかしながら、人情というのもあるというのも私もいろいろお付き合いがありますので良くわかります。
やはり、よい人、よい酒店で購入したいという気持ちは常に持っております。
それはお互い(酒店、消費者)そう思っていることなのだと思います。(肝に銘じています。)
 

Re:経験しました

 投稿者:管理人メール  投稿日:2003年 2月12日(水)10時15分34秒
  Iino@ibaraki-tsukubaさんの書かれた「プレミア+抱き合わせ」について、もう10年近く前の話です。インターネットが普及する前の、パソコン通信の頃、東海地方の酒販店の友人から、「お客さんが通販で新潟の「snow in plum(plum in snow?)」を1万円で買ったら、あるお酒(当店取扱品です)が付いて来て、「料理酒としてお使い下さい」と書いてあった」との話がありました。販売していたのは某有名な酒販店で、私は個人的に知り合いでした。
それからしばらくして、ある蔵元の会合で一緒になる機会があったので、その話を聞いてみた所、「名前だけで1万円も出すお客が悪いんだけど、そこにおまけで付いて来た「料理酒」の方が旨いんだから、目が覚めるだろ!」との答えでした。半分は納得、でも半分は?でした。
 

経験しました

 投稿者:Iino@ibaraki-tsukubaメール  投稿日:2003年 2月10日(月)21時11分44秒
  私は初めて経験しました。KSMさんも記載されている「プレミア+抱き合わせ」です。新潟のお酒を飲んでみたいと思い、名高い「snow in plum(plum in snow?)」が近くに売ってないか酒屋を廻ってみました。隣市の有名な酒屋にありました。中でもとても手に入りにくいと聞く「吟醸」が陳列されていて、心躍りましたが次の瞬間に凍りました。売値が定価の倍以上なのに加え他の銘柄(有名酒造以外)3本と一緒でなければ購入できないというものでした。お金が許さない(許されない?)私は結局購入せずに帰宅の途につきましたが、その帰り道いろいろ考えてしまいました。本当にあのお酒はきちんとした状況で保管運搬されてきたものなのかな?から始まって、あのお店にある他のお酒も大丈夫なのかな?といった極論まで考えてしまいました。KSMさんも書かれていますが、良心的な客(私が良心的かは?)が行き着く先はやっぱり良心的なお店しかないかなと思います。良心的ではない客がいるために、そのようにせずにはいられないお店の方の気持ちもわからないではありませんが・・・。やっぱり何かしらハードルや限定が必要なのでしょうが、その設定は難しそうですね。メルマガ案も良いと思いましたが、過去の取引者に限定品の入荷の連絡をした後に、メルマガに入荷の連絡を記載し、最後にHPにて入荷のお知らせというのはどうでしょうか?心無いお客に対して充分なハードルになりそうな気がしますが・・・。取り留めない文章ですみません。余談ですが、昨日千葉の酒屋で十四代本丸生が16000円の値札がついて置いてありましたした。7,8本置いてあったので高木酒造と取引のある酒屋かもしれませんが、酒造がその売値を知っているのかな??と思いながら、やはり見るだけで購入せずに帰りました(いつかは飲んでみたい十四代きっといつかは巡り逢えると信じて)。  

はじめまして。

 投稿者:KSM  投稿日:2003年 2月 1日(土)15時43分50秒
  こんにちは、本日「亀の翁」に関して予約注文について問い合わせたものです。
私は新潟在住のため「寒梅」や「雪中梅」「久保田」など有名銘柄のネット販売や店頭販売などいろいろな酒屋さんの様子を見てきました。プレミア販売や抱合せ販売店が多い中、完全単品定価販売でがんばっている酒屋さんもたくさん知っております。店を見て思うことはやはり定価販売をしているところはお店の方自身がお酒が好きで買う人の気持ちがよく分かっている方が多いようですし、逆にプレミア販売店などでは消費者が値段をよく分からないことをいい事に法外な値段をつけているところが多く、中には稀少なものであるということで1年も前の製造日がついたものを平気でプレミア販売している店をみたこともあります。やはり消費者の立場としてはプレミア販売店や抱合せ販売店には少々嫌悪感があります。(ブローカー物は絶対購入しません)長い目で見るとリピート率などでは良心的な販売をしているお店の方が安定した経営となるのではと思いますし、何よりも困ったときに固定客がお店を助けてくれるのではないかと思います。最近感心したものとして挙げられるのは酒屋さんでメールマガジンを発行して、限定品についてはその購読者のみに入荷の情報を連絡するという方法で定価販売しているものがありました。
 

黒龍「しずく」

 投稿者:higuchikunメール  投稿日:2003年 1月16日(木)20時26分7秒
  前回、限定品の取り扱いについての意見を書かせていただきましたが、今回は、こちらで購入した黒龍「しずく」飲みましたので書かせていただきます。
まず、最初の一口がとてもやさしい、呑口のいいお酒でした。「龍」も飲んだのですが
こちらものみ口はいいのですが、「しずく」に比べると若々しい感じがしました。
いずれにせよ、どちらのお酒も、心地よくさせる素敵なお酒でした。また是非飲みたいお酒です。黒龍はなかなか手に入らないというのがわかったような気がします。
今まではあまり、日本酒を好んで飲むことはなかったのですが、黒龍を飲んでから日本酒の(黒龍よりもっとおいしいものはないかと)見方が180度変わりました。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:matsudaメール  投稿日:2003年 1月 9日(木)21時35分49秒
  大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。年末はお世話様でした。
頂いた、「亀の翁」、「垂れ口」を元旦にお屠蘇として頂きました。久しぶりに口にする亀の翁は去年頂いたものと変わらず、味わい・香りともとても豊かで1年の初めに飲む酒にもってこいでした。日本酒の飲めないカミさんも「これなら飲める」と飲んでいました。とは言ってもぐい飲み1杯程度でしたが。また、垂れ口吟醸も亀の翁とはまた違い、十分楽しめました。まだ、ほかの3本(郷之譽、瀬川、山渡は冷蔵庫で眠っています。こちらは酒好きの奴らと飲む予定です。)ろくな感想にもならずに申し訳ありません。今年も「酒」ととことん付き合っていくつもりです。本年もよろしくお願いします。
 

感動しました!!!

 投稿者:GGG  投稿日:2003年 1月 8日(水)16時55分19秒
  年末に、石田屋を購入させていただいた仙台のGGGです。普段はネットで購入することはほとんどありませんが、どうしても黒龍の最高峰シリーズを口にしたかったところを本当に幸運なことに丸本さんに譲っていただくことができ、非常に興奮しました。栓をあけたのが元旦。どうしても飲みたくていたのですが、親戚(それも超日本酒好き2名を含む)がいたのでみんなが帰ってからこっそり嗜もうと思っていたところ、いつまでも居座られ、私も我慢できず、開栓してしまいました。3年のときを経て立ち上がる香りは何とも穏やかでグラスに注ぐと一層、品のある香りがあり、口に含んだときは、ふっと力が抜けるような気持ちになりました。(オーバーではありません、本当です)確かに、「しずく」や「火いら寿」も非常においしいお酒だと思いますが、ランクが違う!!!と正直感じました。本当に感動に値する酒だと思います。これだから、インターネットオークションで倍以上の値段で取引されていることもわかるような気がします。でも、そんなことをしたくないし、それを一番残念に思うのは取り扱っている酒店さんですよね。個人的には抱き合わせはしてほしくないです。感想には大賛成です。飲む時期が人によっては一年後の人もいると思います。どんな形でも、近況というか、そのお酒に対する気持ちというか、ちょっとしたことでも伝える義務はあると思います。だって、ふつうじゃ買えないお酒を譲ってもらうんですから。その程度は約束してもらっていいんじゃないですか?限定酒を飲みたい人の考えとか感想がこういった掲示板に載れば、もっと楽しくなるとも思います。
 話は戻り、私が口にした石田屋は結局、1合半程度でしたが、ほんと、感動しました。
 

今年もよろしくお願いします

 投稿者:Iino@ibaraki-tsukuba  投稿日:2003年 1月 4日(土)18時44分51秒
  昨年は、特に年末にはたいへんお世話になり、本当にありがとうございました。
昨年のいろいろあった出来事を振り返りつつ、お酒をいただきました。
とてもおいしいお酒で満足しました。ありがとうございました。
今年もお薦め品の紹介なども含め何卒よろしくお願いします。

「限定品の取り扱いについて」についてのコメントですが・・・
ある程度ハードル(簡単なハードル)が必要なのは仕方ないのかなと感じます。
「良心のない買い手」であれば、ハードルがあるだけでも近寄れないように思われます。

と、偉そうなことを書いていますが、仙人でもない限り誰でも魔が差して
「良心のない買い手」になってしまう瞬間があるのではないかと思います。
私自身そうならないように気をつけたいと思います。


 

「限定品の取り扱いについて」

 投稿者:higucikunメール  投稿日:2003年 1月 4日(土)17時26分56秒
  あけましておめでとうございます。私は、12月に黒龍「しずく」を買わせていただきました。いろんなお酒のホームページを見て、○○限定酒・超限定酒・なかなか手に入らない・等々定価の何倍もする価格で売買されているのをよく見かけます。需要と供給のバランスを考えれば、こうなるのも仕方ないと思う反面、どこか釈然としないものが・・・・
私も、購入したお酒の感想を・・・という考えは賛成です。「品物があるから買う」だけでなく、お互いの「つながり」があってもいいと思います。ネットでの売買だから・・・と言う方もいらっしゃるでしょうが、ネット上だからこそ、「つながり」みたいなものが必要なのではないかと思います。ところで、黒龍「しずく」の感想なのですが、まだ飲んでいません。
お正月に飲む予定でいたのですが、「龍」を飲む機会があり、「しずく」は飲めませんでした。次回は、感想を書かせていただきます。
 

レンタル掲示板
/10