投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. AVnJWhHGuAz(0)
  2. SwzqcKJGSDhwKYW(0)
  3. iYJCAfDrgIwy(0)
  4. gJlPngWnNjK(0)
  5. ByvQtMvNzPRGBTr(0)
  6. PYgUfoXoZjvyQN(0)
  7. QllmBjXLWyamTD(0)
  8. dQFxTnAzJxHNbw(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


いろいろ調べましたが…

 投稿者:22:44  投稿日:2009年10月21日(水)22時44分7秒
  >Newもん太 様

確かに今から約30年前にそんなラジオ番組もあったかと思いますが、誰も覚えていないのが実情です。
大体、モンティさんも、いそノさんも別世界へ行ってしまいましたし、行田さんもジャズ界から何処へ…?
何れにせよ、選曲した人がいないので誰も確認は出来ません。NHKの番組担当者でも判らないでしょう。

で、ワタクシの記憶が正しければ、あれは確かライオネル・ハンプトン楽団の演奏ではなったかと思います。
生憎と曲名は全く失念しておりますが、確かにカッコイイ曲でしたよネっ!間違えていたらゴマンナサイ!

今回は、Newもん太さんの答えになってませんよネ~。 大変失礼しましたっ!!
 

そうだったのですか

 投稿者:Newもん太  投稿日:2009年10月21日(水)00時01分3秒
  早速のお答え有難うございます。
こんなに早く疑問が解決するとは流石です。
何とお呼びしてよいのか、シャープス&フラッツに関しては、あなた様には知らないことが無いようですね。

 疑問ついでにもう一つ。
ゴールデンジャズフラッシュのオープニングのあの演奏、もう一度聴きたいと思い、ネットで検索したのですが、バンド名も曲名も分らないのです。
 現在でもCDの入手は可能でしょうか?
 

なんとっ!

 投稿者:管理人  投稿日:2009年10月20日(火)02時04分1秒
  そうだったんですかー>リチャード・デイビス
って事は、ピット・インのライブ音源が残っていればもっとレア?

2度目の来日公演(こちらはジョージ・ムラツ)を生で聴いた感激は今でも忘れないです。
 

ところが…

 投稿者:01:56  投稿日:2009年10月20日(火)01時56分34秒
  残念ながら、リチャード・デイビスはピットインのライブ終了後、ニューヨークで仕事があるとひとり帰国してしまい、
当日は急遽、稲葉国光氏が代演です。しかしその演奏はメチャ強力で、メル・ルイスと絶妙のコンビネーションを発揮!
日本人プレイヤーの心意気を存分に示しています。流石、米はクニヒカリ、リンゴはコッコウ、ベースはクニミツ!

ちなみに他は「Monday Night」と同メンバー。収録曲は、「Lover Man」「Bacha Feelin'」「Roland Hana's Piano Choise(solo)」
「Don't Git Sassy」「Back Bone」「Don't Ever Leave Me」「St.Louis Blue」です。
当日の全曲かどうかは定かではありませんが、多分、世界的にも“レアな音源”でしょう。
残念ながら、第1部のシャープの記録は残されていないんですよねぇ…。(余計なお世話?)

それにしてもこの初来日ツアーは悲惨そのもので、原さん自身も大変だったようです。詳しくはシャープの本で!
 

ううっ!

 投稿者:管理人  投稿日:2009年10月20日(火)01時33分10秒
  聴きたい・・・
(やっぱ、リチャード・デイビスですよねー)
 

おおっ!

 投稿者:01:23  投稿日:2009年10月20日(火)01時23分46秒
  素早いレス、恐れいります!もしや、ワタクシのカキコって警報ブザーが鳴ったりして…。(焦)

そうなんですヨ!あるとこにはあるんですよねぇ…。しかも当時の新聞記事も一緒に…。
もし良かったら管理人さんには特別お聞かせしましょうか?
 

わわっ!

 投稿者:管理人  投稿日:2009年10月20日(火)01時15分18秒
  >1:11さん

私も聴きたいっ!>サドメル初来日@都市センターホール

あるとこにはあるんですなー・・・
 

お答えしましょう!

 投稿者:01:11  投稿日:2009年10月20日(火)01時11分4秒
編集済
  >Newもん太 様

調べ物(Basieの資料!)のついでにチョイと寄らせて頂きました。(笑)
「Humpty Dumpty」、イヤ~、良い曲です。原さんのオリジナルですねぇ。実にベイシー・ライクです。
(一説には、Frank Foster作「Blues Backstage」をパクったんじゃねーの?との声も…。ホンマカイナ?)
何といっても、ロングソロ明けのサックスソリの絶妙さは本当に心地良いですヨねぇ。スイングしてます。
Newもん太さん、とっても良いセンスされてますネっ!ワタクシも大好きな曲のひとつです。(だからどーした?)
でも残念ながら、近年は全然演奏されておりません。勿体無い…。O.Nelsonの作品と共に是非また聞きたいものです。
ここら辺の話(シャープ聞きたい曲リクエスト大会)は、瀬川先生も盛んに仰っておられます!(マジっ!)
是非、実現してもらいたいものです。って、その前に、シャープもっとやってくんないかなぁ…。

さてNewもん太さんが疑問に思われた「行田よしお氏の自分の事」とは…?
元々の意味は、マザーグースに登場する卵の擬人化で、「ずんぐりむっくり」の意。つまり「ブーデ」の事。
長らく行田氏はシャープの専属司会者をされており、トイフー(太い)だった行田氏を原さんが冗談交じりで
そう仰ったのがそもそもの由来です。これで疑問は晴れましたかな?

という事で、シャープ事情通の「Q&Aコーナー」でした!
ちなみに今日は、“幻のサドメル初来日”の音源を聞いております。(68年7月20日@都市センターホール!)
 

久しぶりに

 投稿者:Newもん太  投稿日:2009年10月19日(月)23時36分1秒
  二回目のカキコ失礼します。
2009/10/19/pm11:10分
に、シャープス&フラッツ30周年記念アルバムを聴いているところであります。
 その中のNO4。
「HUNPTY DUNPTY」自分がその中で一番好きなのが、一曲目に入って
います。

前半のブルーフレームに似たフレーズ、そして後半のブラスサウンド群の迫力あるサウンドがものすごく凄く好きであります。
 ところで、かつて1980年代にNHKFMにて、ゴールデンジャズフラッシュという番組が有りましたが、その中で、行田ヨシオ氏が、「HUNPUTYDUNPTY」について、
自分のことを言われているようだと称していましたが、どのような意味なのでしょうか?
 

参りました…。

 投稿者:21:21  投稿日:2009年 9月28日(月)21時21分44秒
編集済
  こちらこそ、いつもながらの“即レス返し”には恐れいります。
(というより管理人さんのコレクションに改めて脱帽です!毎回の事ですが…。)
まあ、流石に毎日チェックは出来ませんが、週一チェックは欠かせません…!?何だかんだ言って、
ビッグバンド情報は御サイトが基点となる事が多いですからねぇ…。(実に役立っております。感謝!)

さて『軽井沢ニュータウン・ジャズ・フェスティバル』は別におねだりという訳ではなく、たまたま聴きながら
掲示板に書き込んでいたというだけでした。但し、ワタクシが聴いていたのは某オト○エさんが作ってくれた
特別編集盤(CD)で、「第1集+第2集+第6集」からシャープだけをまとめたモノ…。
つまり今回アップされた4曲に加え、「One O'clock Jump」「Herlem Noctorne」「Air Mail Special」
「Who」「Petite Fleur」を合わせたモノで、ほぼ当日のフルコンサートに近い構成となっております。
ご存知のようにこの年の6月にベイシー楽団と共演して自信を付けたシャープは、軽井沢での合宿で更に磨きがかかり
恐ろしい程のキレを見せています。「Herlem Noctorne」では、原さん入魂の大ブロー・テナーが聴けるし、
「Air Mail Special」では、このところ管理人さんお気に入りの『Battle Jazz』の原点となるノリの良さ…。
こんな演奏を45年も前にすでに演っていたシャープに乾杯です!!

御前演奏の話はまた改めて…。
 

/13